豆は「しあわせ」のタネである

精進料理に「枝豆」登場!

撮影立会いと取材に伺いました

大阪府へ。寝屋川市駅でMさんと待ち合わせして、曹洞宗のお寺へ。今日は精進料理の取材でした。

精進料理は毎回2品を作っていただきます。今回、そのうちの一つが枝豆を使った料理。お坊さまは、この時期は冷凍枝豆を思われるようですが、私の提案が採用になり、フレッシュの枝豆を使っていただきました。

静岡の「駒豆」、ポルポ収録のときに出合った温室栽培の枝豆です。

掲載されるのは6月末〜7月のことですから、その時期はもう、走りの枝豆が出回っている頃です。

 

2月のフレッシュ枝豆

お坊さまレシピでは、枝豆をすりつぶして使います。初めての台所で、典座さんの調理助手を務めさせていただきました。

静岡の「駒豆」えだまめは、2莢、3莢が小枝につながっています。まずは枝豆をひと莢ずつにちぎって水洗い。軽く塩をして揉み込んで、本日はお坊さま流に「たっぷりのお湯で茹で」ました。。。

 

茹で上がりをその辺にあったお盆で扇いで冷まし、手分けして莢から豆を出して薄皮をむいて‥‥ Mさん、私、カメラマンも一緒になって、皆がオフシーズンのフレッシュ枝豆にテンション上がり気味。ちょっとずつ味見しながら楽しく下準備。

そのあと、すり鉢に枝豆と●●●、○○を入れて、すりこぎであたって細かくつぶします。

ボーズコレクションに登場してもらっても良さそうな、現在36歳・独身のお坊さま。

 

ほんのり、ふんわり

私はタイムキーパーと料理助手をしながら、カメラマンさんと話しながらテーブルコーディネートを完成させる役。原稿も書きますから、雑談のように聞き取りをして‥‥

撮影が済んだら皆で試食。楽しく仕事を終えました。

発行前ですから詳しくは書きませんが、「お坊さまの ずんだ餡って、こう作るんだ」と思いながら勉強させていただきました。

写真はもう1品の料理を手伝うMさん。

「干し椎茸は冷凍庫から出して、2ミリ角にちぎる」作業を手伝う40代のMさんと、40代のカメラマン。私たち3人がちぎったサイズがバラバラの椎茸粒を見て、36歳のお坊さまは「大きさの違うものを一緒にすると、食感が豊かになって良いんです」と、フォローしてくださいました。素晴らしい!

お坊さまの枝豆レシピ、読者の皆さんに作っていただけるように、おいしそうな誌面を作らねばです。早く世に出したいなぁ‥‥。読んでくださいね。

 

枝豆は感染症予防にもイイらしい!

そして、夜。

「林修の今でしょ!講座」という番組で、枝豆枝豆VSピーナッツを扱っていましたね。

枝豆パワーについて、うれしい内容でした。

枝豆入りの卵焼きで肝臓を強化するそうです。

そして、何と「枝豆をすりつぶすと細胞壁がこわれ、レシチンの吸収率がアップする」と。今回のお坊さまの精進料理は、肝臓強化⇒感染症予防にイイと、林先生の番組が教えてくれました。

あぁ、早く枝豆シーズンが始まりますように!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 4月
« 3月   5月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー