豆は「しあわせ」のタネである

一休善哉の日[京都府京田辺市]

2022.01.10

一休善哉の日[京都府京田辺市] はコメントを受け付けていません。

今年は1月30日(日)、一休寺にて2年ぶりの開催です

毎年1月の最終日曜日に開催されている「一休善哉の日」の催し。新型コロナウイルス感染症対策で、昨年はお休みされていましたが、「全国観るなび」サイトによると、今年は開催されるようです。

追記▶︎  電話問い合わせをしましたところ、1/17現在「開催予定」とのこと。「京都府に緊急事態宣言が出ない限り開催します。お待ちしています」とのことでした。

 

「一休善哉の日」にお参りに行くと、各人ごとに絵馬に誓いの言葉を書いて奉納していただけます。そして、善哉をいただくことができます。以前うかがった際は、善哉に一休寺納豆も添えられていました。

絵馬や善哉をいただくには1,000円をお納めします。

 

かつて訪れた際の様子は、こちらでご覧いただけます。

一休善哉の日「善きかな」の善哉をいただく

コメントは利用できません。

豆行事や催しなど

2022年 8月
« 7月   9月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー