menu

豆は「しあわせ」のタネである

豆と重曹

青えんどうの皮が気になるときは 青えんどう、赤えんどう、どちらも豆の皮がしっかり主張する豆です。   青えんどうはうぐいす餡や豆料理に使い、赤えんどうは甘味に使われることが多い豆です。どちらも皮感を主張する豆です。 ほかに黄えんどう、白えんどうなどもありますが、日本ではあまり出回っていません…

記事を読む

「うめとおはぎ」花モチーフのおはぎ

え、これ、おはぎ!? 大和西大寺の駅構内で「御城之口餅」を探していたら、目指す御品は見つからず、気になるお菓子を見つけました。 お花の和菓子。おはぎの上にお花の飾りがのっています。 紅つばき、木香ばら、藤、ヒマワリ、どれもとってもキュートで、消費期限が当日23時にも関わらず、全品…

記事を読む

青えんどうのポタージュ その2

青えんどうのポタージュ 別バージョンに挑戦 先日の[青えんどうのポタージュ]は、私の定番レシピから豆を青えんどうに変えて作りました。 そして今回、新たに作ってみた豆ポタージュのおぼえ書きです。 [材料 約3〜4人分] ・青えんどう(マローファット) 乾燥100g   豆の煮汁 100g…

記事を読む

青えんどうのポタージュ その1

青えんどう(マローファット)を使ってみよう 乾燥豆で見かける国産の「青えんどう」は北海道産が主ですが、近年は流通量が減って、輸入物の「マローファット」が多く使われています。 いつもは手亡豆や大豆で作るポタージュを、青えんどう(マローファット)で作ってみました。 青えんどう、赤えんどう、黄え…

記事を読む

8/15「御霊おこわ」を作りました

終戦記念日に 8月15日、 毎月1日と15日は「赤飯の日」と、繰り返し伝えていますが、毎年この8月15日は赤飯ではなく黒飯(こくはん)を作り、戦争で亡くなられた方々を追悼しています。 今年は77回目の終戦記念日だったそうです。 「戦没者を追悼し、平和を祈念する日」として、日本武道館では全国戦…

記事を読む

豆行事や催しなど

2022年 9月
« 8月   10月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー