menu

豆は「しあわせ」のタネである

豆類時報104号に「鶴岡だだちゃ豆」原稿が掲載されました

「だだちゃまめ」のふるさと、山形県鶴岡市へ 9月下旬、豆類時報104号が公開されました。 「だだちゃまめ」のふるさと、山形県鶴岡市へ と題した原稿は、こちらからダウンロードして読んでいただけます。 豆類時報は日本豆類協会が配信されています 年4回、3ヶ月ごとに発行され…

記事を読む

【京都市上京区】とうふ みしま

とうふ屋のある町は いい町だ 前にこのタイトルで、新聞に連載を書かせていただいていました。その頃は、月に1軒紹介するのに、いっつも豆腐屋さんを探していました。新しい豆腐屋さん、知らない豆腐屋さん、人気の豆腐屋さん、いろいろな店を意識して京都中を回っていました。 昨年春に連載を終えて、豆腐屋さんめ…

記事を読む

【丹波篠山】味まつりほか、2021 黒枝豆情報

枝豆シーズンも進み、そろそろ終盤に近づいてきました。おおかた6月から10月まで日本各地で味わえる枝豆、そのトリを飾ると言えるのが「丹波の黒枝豆」でしょう。 丸々と大粒の枝豆は、甘みと旨みが強く、一度食べたら忘れられないクセになるおいしさです。それゆえ、この季節を楽しみにしている方も多いのでは&…

記事を読む

【函館】たまふくら枝豆 2131

北海道森町産の初えだまめ! 京都市上京区、時々のぞいている店で、売場のポップを見つけました。「北海道産 たまふくら」の文字。しかし、商品は完売。翌日電話を入れ、再入荷したことを確認して買いに行きました。 「たまふくら」に聞き覚え、見覚えがあったのです。ずっと以前、もう7〜8年くらい前になるでしょ…

記事を読む

9月15日、邪気を祓うお赤飯

あずきの赤は邪気を祓う 9月15日「赤飯の日」。 昔から「小豆の赤は邪気を祓う」と言われてきました。人様のしあわせやおめでたい出来事を祝うシーンに登場することが多いお赤飯ですが、北陸など親鸞さんとご縁の深い地域では、仏事の忌明けに用いられたりもします。 魔を滅する「まめ」、邪気を祓う「赤」…

記事を読む

豆行事や催しなど

2021年 10月
« 9月   11月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー