豆は「しあわせ」のタネである

黄&白えんどう豆、そだつ

種(豆)を蒔いて約20日

写真左は、黄えんどう豆。右は、白えんどう豆。

豆はタネである。土に植えると、ちゃんと芽が出ます。ふだん豆好きな私たちは、大量の植物の命をいただいていることになるんですね〜。

 

3月26日(金) 朝の間、有り合わせの空いてた鉢に、白えんどう豆(トラッパー)を5粒蒔きました。

 

4月3日(土) 気が着いたら、ちょこんと可愛い芽が出ていました。左は白えんどう豆、右は1日オクレで蒔いた黄えんどう豆の新芽。

 

4月7日(水) たった4日で、だいぶ大きくなってました。細いヒゲが出始めて、将来が楽しみ。

 

4月16日(金)曇り〜小雨 だいぶ育ってきました。背丈が15cmくらいありそうです。ちゅるんと巻き鬚が出てきました。この週末に、手竹を立ててあげなくては‥‥

 

4月18日(日)晴れ・くもり〜小雨 昨日も今日も雨降り。朝の間に写真だけ撮ったけど、手竹を立てられずにいます。

左は白えんどう豆(トラッパー)、右は黄えんどう豆。写真ではわかりにくいのですが、豆粒が少し大きかった黄えんどう豆のほうが、背が高くなりました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 5月
« 4月   6月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー