menu

豆は「しあわせ」のタネである

豆の年の新年会ごあんない

毎月1日と15日は「赤飯の日」 ということで、あす1月15日も「赤飯の日」です。 あなたも、どこかで誰かと、お赤飯を口にしませんか。 「国際マメ年」を機に、赤飯の日お声かけも今年からまた再会しようと思います。 小豆やささげ、大納言を使うお赤飯もアリ、地域によっ…

記事を読む

穀物屋の「あずき」パウンド

豆を使ったお菓子が気になる 「2016 国際豆年」の影響か、あちこちで豆を使ったお菓子が目に入ります。豆を使うお菓子と言えば、まずアンコ。小豆を使うあんこが王道ですね。今日のお昼間、伊勢丹で買った「御座候」さんの回転焼きは「赤あん」「白あん」で表現されています。 あ、「赤あん」は…

記事を読む

「小豆がゆ」と京都 七福神めぐり

京都 七福神めぐり 1月11日、成人の日の祝日に泉涌寺の七福神めぐりに行って来ました。 七福神とは福禄寿(即成院)、弁財天(戒光寺)、恵比須神(観音寺)、布袋尊(来迎院)、大黒天(雲龍院)、毘沙門天(悲田院)、寿老人(法音院)の福の神さまです。 入口で福笹をいただき、菊の御門をくぐって…

記事を読む

岐阜 ツバメヤの「黒米ぜんざい」

小正月には「あずき粥」や「ぜんざい」を 1月15日は小正月。年末年始に慌ただしく台所に立ち、たくさんのお客さまをお迎えした女性たちに、「一息ついてゆっくりしましょうね」と設けられた旧き良き時代の習慣です。 その小正月に欠かせないのが「あずき」。食物繊維やビタミンB1、鉄分、ポリフェノールなど…

記事を読む

利き黒豆

お正月の黒豆おぼえ書き 師走に作った黒豆の煮豆、今年の年末のために記録しておこうと思います。 写真の黒豆、見た目にぜんぶ同じに見えますが、奥から 1鍋目、2鍋目、3鍋目とよそっています。(^^) どう違うかのメモ書き…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 4月
« 3月   5月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー