豆は「しあわせ」のタネである

豆コレクション

青森大納言を使って

いただきものの青森大納言 こちらは、乾燥状態の青森大納言(左)と、それを茹でた状態(右)の写真です。青森大納言を使うのは、初めてでした。乾燥状態での長いほうの直径を計ってみると、7〜8ミリ程度あります。 大納言とは小豆の仲間で、直径…

記事を読む

白あんの手亡豆【雪手亡】

大極殿本舗の工場長さんにいただいた豆 豆類時報98の取材で、大極殿本舗の山本一彦工場長のお話をお聞きする機会がありました。今年の初め、1月9日のことです。あんこの話をたくさんお聞きし、白小豆の生あんを味見させていただきました。 取材…

記事を読む

落花生は、眠る

落花生の苗を植えました。確かに、豆の仲間です 「落花生も豆の仲間ですか?」と聞かれ、以前は「はい。おそらく、そうでしょう」くらいに答えていました。2016年に、仕事で落花生の原稿を書いたとき、落花生がマメ科・マメ亜科・ラッカセイ属の植物で…

記事を読む

村井宣夫さん「黒千石大豆」の本を読みました

辻本宜子さんからのいただきもの 辻本さんは北海道遠軽ご出身、札幌在住の豆の先輩です。 昨年、辻本さんからいただいた黒千石の本を読み終えました。 村井宣夫さんと黒千石制作委員会が著された「ちっちゃくて ちからもち 黒千石大豆」の御本は、…

記事を読む

小豆のマニアックな話

豆の整理整頓中 いろいろあるんですよ、ホント。好きなばっかりに、ちょっと違うだけで、どれも欲しくなってしまうから。何かのためにと、珍しい豆は資料的に残してしまうから。 豆の立場から言うと、土に撒いてもらうのが一番で、種を撒かないのであれ…

記事を読む

豆行事や催しなど

2020年 5月
« 4月   6月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー