豆は「しあわせ」のタネである

「先斗町 百練」の開店おめでとうございます

京の酒、京の食堂。

IMG_20160528_174416 IMG_20160528_174408

毎週木曜日に届くバッキー井上さんからのメールの最後に、下記の追伸がありました。

追伸 先斗町の歌舞練場の南隣の一階に先斗町・百練がオープンしました。準備不足もあり告知をするのが今日になりました。裏寺の百練と基本メニューは変わりませんが少し広い分お酒もワインもたくさん揃えています。それと鴨川納涼床がありますのでぜひ床で一杯飲みに来てください。よろしくお願いいたします。

 

ふだんからお世話になっている井上さんの「新しいお店、今度はどんな感じ?」と行ってみると‥‥ 京都・夜の町にお似合いの雰囲気。

親鸞上人も幼少期に歩かれたであろうミソギ川の納涼床が、店の奥に広がっています。かつて韓国料理屋さんで訪れたあの店が、百練に生まれ変わったのですね。(^^)

 

とうふは「近喜」、じゃこネギのせて〜

いつも(お酒は)2杯しか飲めないから、生小の次に「千利休 にごり」を頼んでみました。

アテが実にオヤジっぽくていいです。

姫サザエのつぼ焼き、お味の浸みた風呂吹き大根、ぜいたく煮、‥‥

IMG_20160526_214057 IMG_20160526_212708

ニゴリにはクセのある食べ物が合うそうで、しかし、私はさっぱりしたのが食べたくて、リクエストに応えてくださったのがこのお豆腐。

近喜さんのとろけるようにソフトな豆腐に、たっぷりこぼれるほどの「じゃこと九条ネギ」をごま油で和えてオン!

白×白×白の組合わせは、それぞれに異なる味わいでノドを通過していきました。

は〜。ごま油の風味が、少ししか呑めない人のノドを開きます。

 

先斗町 百練。もう少ししたら、夏キモノで訪れたいお店です。

それにしても、いちばんのアテ? は、この方たちかもしれません。絶景です(^^)

 

IMG_20160526_215246

 

先斗町 百練 京都市中京区先斗町通三条下ル橋下町133-1

先斗町歌舞練場南隣エメラルド会館1F奥 TEL 075-255-4755

 

 

〈6/10 追記〉百練の納涼床にお邪魔しました ^_^

IMG_20160609_183902 IMG_20160609_185333 IMG_20160609_185521 IMG_20160609_195749 IMG_20160609_210409

暗くなるとカップルが床を背に、本当に等間隔に座っていました。2016 京都・初夏

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー