menu

豆は「しあわせ」のタネである

高塚の大豆畑

週末帰省 福岡での仕事を終えて、実家に立ち寄り。今日は朝から母と遊ぶ。 市が運営する近くの大衆浴場に行き、帰りは裏道、脇道を通り、実家が所有する田んぼの横を通ってみると‥‥ ホントならこの季節、稲刈りを終えた株が残るはずの田んぼには、青々と‥‥ 大豆が茂っておりました。 「え〜〜〜〜!…

記事を読む

和歌山県田辺市「よってって」

取材の帰りに 和歌山県田辺市の尋声寺(じんしょうじ)さんへ、お坊さま取材に行きました。 その途中、沿道に見つけた産直市場の名前「よってって」が興味深く、「帰りに寄ってもいいですか」とリクエストしました。 そうしたら偶然にも、麗しの美坊主さまからも「産直市場の『よってって』に、地場のおいしい豆腐…

記事を読む

本田味噌本店の「紅麹みそ」

春仕込み味噌のつなぎに 5月5日に仕込んだ味噌が、もうそろそろ食べ始められる頃でしょうか。ふだんは自分仕込みの味噌を2種類、3種類、その日の気分で使っています。 メイン使いの味噌を使い切って、本田味噌本店に行ってきました。 大通りから1本入った室町通沿い、老舗の風格ある佇まい、暖簾が風にひ…

記事を読む

丹波の黒豆枝豆

京都市内でも売られていました 「あれ、どこ産やろう?」枝豆が売られていると、つい見てしまいます。 そうして、大抵は買ってきてしまいます。 こちらは市内某所で見つけた丹波産の黒豆枝豆。ひと握りほどが緑色のネットに入って、350円でした。 泥付きなのは、「洗うと傷みが早いから」と言われて納得…

記事を読む

豆トモの予感

豆を育て、豆を使い、和菓子をつくる人 10月13日(土)午後、京都市役所の近くにある京都ペレット町家ヒノコで、萩の ゆきさんのご講演をお聞きしました。石川県輪島市から来られた萩のさん、和服がお似合いでした。私の好きなキモノつながりの小東さんと雰囲気が似てるのです。 昨日が初対面、しかし、私…

記事を読む

豆行事や催しなど

2018年 10月
« 9月   11月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー