menu

豆は「しあわせ」のタネである

北海道の豆な食べもの おぼえ書き1907

今ごろ書くのもなんですが、ここで書いておかないと記憶に残らないので、未来の私のためのおぼえ書きです。 千歳空港にて 保安検査場を過ぎて、女満別空港へ向かう便の搭乗口に行く途中に見つけました。「北海道くらい百貨店」という売店。この看板が、私を引き止めました。 「恵庭岳伏流水と中札内産の大豆で…

記事を読む

おいしい週末 vol.43 夏号、配布中です

ニュースレター「おいしい週末」 ニュースレター『おいしい週末』は、福岡県久留米市の「穀物屋 森光商店」が発行されています。A4サイズ両面印刷の印刷物で2ヵ月に1回、奇数月はじめの発行。編集とレシピ検証、豆情報提供などで、私も制作に関わっています。 今月上旬をあわただしく過ごしていたため、ご案内が…

記事を読む

「第2回 京とうふの会」に参加しました

「京とうふの会」とは 豆腐や油あげを通じて「京とうふ」の文化を知る、作り手と食べ手の交流イベントです。京豆腐組合青年部の有志メンバーとの直接の交流を通じて、各店の豆腐や油あげへの理解をより深めることで、次世代へと京とうふの文化をつなぎます。 開催しおり より 第2回に初めて参加させてい…

記事を読む

毎日新聞 連載〈16〉京仁助/西京区

55年の粋 ふくよかおぼろ 7月13日(土)、本日の毎日新聞 関西版 夕刊に掲載されました。 「とうふ屋のある町は いい町だ」、16回目の掲載です。 京仁助さんは、おぼろとうふが美味しくて、店を探したとうふ屋さんです。西京区の北福西町というところにあります。洛西ニュータウンの商業エリアの一…

記事を読む

豆農家さんをめぐる旅(2)北海道・上士幌町

訓子府から帯広へ、バスを乗り継ぎ4時間の移動 7月4日、訓子府の石川農場を取材させていただいた後、翌日の取材のために帯広へ向かいました。 北見バスで訓子府駅 16:52発〜17:53 陸別着、十勝バスに乗り換えて18:05 陸別発〜21:01 帯広駅バスターミナル着、実に4時間以上をかけたバ…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 7月
« 6月   8月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー