menu

豆は「しあわせ」のタネである

【鶴岡】だだちゃ豆のいろはを教わる(1)

十五代 治五左エ門の石塚さんに逢いに行く 「だだちゃ豆を栽培しています。いつか鶴岡にも来てください」と石塚さんからご連絡をいただき、FB友だちになりました。 気持ちの通うやり取りが始まったのは7月くらいから。その誠実なお人柄が心に響き、治五左エ門のだだちゃ豆のおいしさに導かれ、鶴岡に行こうと思い…

記事を読む

【北海道/上士幌町】くらかけ豆の枝豆が届く!

村上農場から届きました くらかけ豆をご存知でしょうか? 写真をご覧ください。 わかりにくいかもしれませんが、緑色の平べったい豆に馬の鞍をかけたような黒い模様が入っています。全部黒く見えるのもありますが、端っこのほうに一部、緑色もあります。 このお豆、東北では浸し豆のように食べられるそうです…

記事を読む

清水 おかべ家で「おてまえ」をいただく

清水寺への道中に 京都の観光名所のひとつ、清水寺に行く途中の清水坂沿いに「おかべ家」は在ります。湯どうふの名店として知られる「順正」さんの清水のほうのお店です。 この時期は、海外と日本からの観光のお客さまに加え、修学旅行の学生さん達もいっぱいです。清水寺までもう少しのところに在る「おかべ家」…

記事を読む

「京のとうふ屋さんめぐり」TABICA体験ホストを務めました

TABICA この体験が旅になる 昨年から声をかけていただいてたTABICAの企画を、本日ようやく実現させることができました。私を見つけて声をかけ、気長に待ち続けて応援してくださったテッセイさん(株式会社ガイアックス TABICA事業部 地方創世室 室長の細川哲星さん)、ありがとうございます。 …

記事を読む

大極殿本舗の「琥珀流し」

栖園の琥珀流し“別バージョン” 8月某日、六角の栖園前で奥さん(栖園の女将から、そう呼ぶように言われています)にお会いしました。大丸 京都店の隣にある大極殿本舗 高倉店がリニューアルし、「甘味処 栖園」が高倉店にも併設されたとのこと。 同行の輩は知っていたのに、私は知らず‥‥ 失礼しました。…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 9月
« 8月   10月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー