豆は「しあわせ」のタネである

831やさいの日の枝豆

えだ豆ワークショップ2の準備

明日は日曜日、市場が休みだから野菜豆の仕入れは今日のうちに。そう思って朝から生鮮売場をハシゴしました。

まずは、烏丸御池〜四条方面から。

通りがかりに「叶屋 烏丸六角本店」へ寄り道。産直のお買い得野菜が売られているお店です。

ここでは、京都産 羽束師 黒枝豆(枝付き) 200円、京都産 下鳥羽えだまめ(枝付き)300円が気になりました。その他、夏ずきんや紫ずきんもありました。

次に寄ったのは「フレスコ 四条店」。

ここでは、京都府産 枝付き枝豆 498円が良かったです。

 

そして、本命の「八百一本館」へ。ここは、いい野菜が揃うのですよ。自社農園のいいのが出てないかと期待して‥‥

黒埼茶豆(新潟県)198円 /g、上杉豆(山形県おきたま)1袋198円、秋田の枝豆1袋198円ほか、198円くらいの枝豆が数種類ありました。鶴岡のだだちゃ豆もあったかな。‥‥でも、買わず。遠くからクール便で運ばれてくる枝豆が、200円もしないはずがない。そんなに安いのは、どう考えても何か理由があるから‥‥ と思ってしまうのです。

 

ワークショップ用のえだ豆購入(^^)

たくさん回るつもりで、今日の私は自転車移動。長袖シャツ、帽子、手袋とフル装備で出かけました。

四条から一気に鞍馬口方面へ上り、向かったのは「生鮮館 紫明店」。ここは、なっとくしまの湯あがり娘や、岐阜の枝豆Lサイズを扱っていました。

明日のために、京都産 枝付えだ豆、京都産 くろ枝豆をチョイス。ようやく満足いく品を買えました。

生鮮館は、野菜のいいの持ってるんですよね。以前、八百屋さんの原稿を書いていた頃に、北区の野菜のセリを見に行ったことあります。生鮮館のバイヤーさんも来られていました。新鮮で安く売ってくださるのが消費者的にうれしいお店。

次に向かったのは、北大路VIVREに入っているスーパー KOHYO。

ここも、いろいろ品数多くありました。岐阜はMでした。殿様のだだちゃ豆や新潟茶豆、八尾枝豆もありました。私が選んだのは、群馬県産の豆王。ミネラル栽培の枝豆です。

3束6袋の枝豆は、持参した保冷バックに入り切れず、重かったぁ‥‥

 

夕方、Lucky You Kyoto へ

昨夜に続き、今日は調理担当のジョーくんも交えて打合せ。明日の準備も少しして来ました。

店には生産者さんに直送をお願いした 山形県鶴岡市 治五左衛門のだだちゃ豆が2種類と、特別参加の試食枝豆が届いていました。

明日の枝豆はいま、Lucky You と豆ラボの冷蔵庫に眠っています。あす、皆さまにおいしい枝豆と枝豆料理を楽しんでいただけますように(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2019年 11月
« 10月   12月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー