menu

豆は「しあわせ」のタネである

豆のパンを探りたい

豆の消費量を増やすには 私は豆好きです。豆を食べたいと思う人や、豆に興味関心を持ってくださる方が増えたらいいなと思いながら、日々豆っぽいことをしています。 最近読んだ冊子の中で、豆を使ったパンについて書かれたものがありました。豆や和菓子の権威ある先生が、私がふだんから思っていることと同じことを書…

記事を読む

[治五左衛門のだだちゃ豆]甘露

だだちゃ豆の日に、本場・鶴岡のだだちゃ豆を味わう 8月8日、だだちゃ豆の日に合わせて、山形県鶴岡市の治五左衛門さんのだだちゃ豆を取り寄せしました。7月半ばから9月半ば頃まで、1〜2週間くらいずつの短いスパンで変わっていく品種を追いかけるように、8月初めの頃に旬を迎える「甘露」だだちゃ豆を送っていた…

記事を読む

とうふ白玉に、大福豆の白餡をのせて

こちらが完成写真。とうふ白玉に大福豆の白餡をのせて、シナモンをはらりと振りました。 ふんわり舌ざわりで、かたくなりにくい「とうふ白玉」 白玉だんごに使う粉は、白玉粉、寒晒粉などの名前で売られています。 もち米を水洗いして吸水させたものを砕いて、寒風の吹く中に天日干しにし…

記事を読む

えだまめ「京 夏ずきん」

気になる枝豆 先般から見かける京都府産ブランド枝豆の「京 夏ずきん」、どうしようかと迷いながらも買ってみました。 京都市内の食品スーパーにて 205g入り 298円+税 〜「夏ずきん」は、丹波黒大豆を品種改良して作られた夏限定の枝豆です。 秋に実りを迎える丹波黒大豆を、夏場のビールのおい…

記事を読む

あずきバーでお赤飯

TV番組「ジョブチューン」の影響で たまたま点けたテレビで、井村屋「あずきバー」のことが紹介されていました。「ジョブチューン 国民的大ヒット食品のヒミツ大公開」という番組です。 あずきバーがあんなにカタイのは、乳化剤(食品添加物)を使っていないから。あずきバーの小豆が偏らず均一に入っているのは、…

記事を読む

豆行事や催しなど

2020年 9月
« 8月   10月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー