豆は「しあわせ」のタネである

第4回 新年雑煮会を開催しました

2024.01.09

2件

博多雑煮に豆プラス

豆ラボ恒例の「新年 豆雑煮会」を開催しました。第4回目の今年は、博多雑煮に「スナップエンドウ 芽を出せちゅるん」を添えました。

あご出汁(飛魚)・ぶりの切身(出世魚)・かつお菜(勝男にちなむ)・丸餅などが入る博多雑煮は、勇壮な博多ッ子気質の現れのよう。ニンジンの花切りをほめていただけました😊

本日提供できた豆は、丹波黒大豆 飛切・香川の醤油豆・仙太郎さんの豆すはま「福のはじめ」・鶴岡 石塚さんの秘伝豆・スナップえんどう・赤えんどう・黄えんどう・茶レンズ豆・・・かな?

 

▼ 豆ざんまい 本当は5種盛りにするはずだったけど、クドイ気がして3種で止めました

▼ 栃木県の郷土料理「しもつかれ」にフェンネルを添えて 豆は、鶴岡のだだちゃ豆農家さんが栽培された秘伝豆

▼ 通称「レミーのラタトゥイユ」 ズッキーニの黄色・緑・トマトを順に並べて、センターに赤えんどう・黄えんどう・茶レンズ豆のトマト煮込みを入れて焼きました。

▼ZENBチップスに小豆島 井上誠耕園のオリーブオイルコンフィ「木の実とドライ果実」トッピング

▼ 右側の別バージョンは、ZENBチップスにクリームチーズ、まぐろの酒盗トッピング

 

▼ 豆の記録ではないのだけれど、漬盛り 錦・高倉屋の千枚漬・すぐき、自家製の糠漬け 金時人参・西洋人参、自家製 白菜ゆず漬け

 

雑煮は ふるさとだ

こうして毎年、日本各地の雑煮を作り、気持ちの通い合う方々と時を同じくできることを、有り難く思います。 

 
 
たつ年にちなんで、龍のラベルのスパークリングにごり酒を用意しました。途中から、オレンジワインにも初挑戦。
いただき物の日本酒やノンアル飲料も空けました。鮭トバや阿闍梨餅や、差し入れたくさん頂戴しました。
参加者7名さま、有り難うございます。楽しい時間でした。大切な仲間、豆トモさん、親子さん・・・ また、こんなふうに皆で集まることができて、うれしく思いました。
 
そして、その反面、心の奥のほうでは・・・
 
年のはじめから、心配ごとが続いています。能登のHさん、七尾のYさんのご無事がわかって、ほっとしたものの、ずっと心配しています。能登、北陸エリアの被災された方々に、どうか1日も早く穏やかに暮らせる状態が戻りますようにと、心の中で祈り続けています。
 
皆さまのふるさとが、いま暮らしているその地が、いついつまでも美しく在り続けますように。各地の豆やお雑煮が、残っていきますように・・・

関連記事

コメント

    • ara
    • 2024年 1月 10日

    素敵な新年会をありがとうございました。

    どれもおいしかったですが
    私はラタトゥユがおいしかったです。
    特別に子供に出していただいた豆のパネトーネも最高でした。
    息子はお雑煮のブリがおいしかったと言っていました。

    参加者のみなさまに
    息子にあたたかく接してくださったことにもただただ感謝です。
    みなさまと楽しい時間を過ごせたことが
    有難いと心から感じる1日でした。

      • Nodoka
      • 2024年 1月 11日

      ara さま 子どもは社会の宝です。子育て、孫育て経験のある諸先輩方と共に、ご子息のご成長を見守っていけたらと思います。

      漏れなく当たる折り紙くじ、ワンダフルなやさしい子だなと思いました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2024年 6月
« 5月   7月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー