お正月の黒豆と「あわ羊羹」

黒豆の煮豆には、黄色が似合う?

京都・錦市場の「つくだ煮のデパート 井上」さんで、師走に見かけた黒豆は‥‥

37ind nsk7l

サツマイモの甘煮と合わせたり、栗を入れたりしてありました。

おせち料理によく見る組合わせですね。

黄金につながる黄色は、マメに働くことを願って食べる黒豆と合わせることで、マメに働いてお金に困らないように‥‥ という意味が込められているのでしょう。

あわ羊羹と黒豆

黄色い食べもの‥‥ 師走に大極殿栖園で奥さんに教わった組合わせです。

hio7c fpplg

あわ羊羹の「あわ」は雑穀の「粟」です。クチナシの実で色づけされ、見事なきいろ。モチっとした食感です。ふつうに口にする羊羹より甘さは抑え気味に感じました。

黒豆に合わせると、黄色がいっそう引き立ちます。いえ、黄色を合わせると黒豆の黒が、より黒々と輝いて見えます。

あぁ、これが京都の実力かぁ‥‥ と、8年目にしてあらためて京都を実感しました。

*1/14 追記

粟羊羹は、かるかん道明寺と共に古来よりの伝統の御菓子で、「その製法は餅を粉にひき餅粟にして白蒸しに致します。」それを中煎にして讃岐和三盆と共に練り上げ「くちなし」の実で京風味豊かな色に仕上げました。

大極殿本舗 あわ羊羹の巻き紙より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です