カカオ成分70%以上のチョコで便秘解消!

バレンタインデーごよみ

IMG_20160204_222846

2月12日(金)‥‥‥ 会社関係や学校の友人渡しのピーク

2月13日(土)‥‥‥ 本命クンや休日会える人にお渡し日。パパやおじいちゃんにも‥‥

2月14日(日)‥‥‥ 本命クンや旦那サマにお渡しのピーク

2月15日(月)‥‥‥ 「遅れてゴメンね」チョコのお渡し日。う〜ん‥‥

*うるう年につき今年のホワイトデーは、1日ズレますね*

というわけで、今日がチョコ渡しのピークかも。今朝も売場を覗いたら、早々とチョコレートのSALEをしているお店もありました。ふふふ。せっかくだから自分用も‥‥

で、選ぶポイントは「カカオ成分70%以上のチョコ」。

カカオ成分70%以上で便秘解消と認知症予防

2月3日、節分の日のNHK「あさイチ」で、気になる情報が流れていました。

カカオ成分70%以上のチョコを「ハイカカオ チョコレート」と呼びます。

このハイカカオチョコが、便秘解消に良いらしいです。便秘が解消するとお肌の調子が良くなり、むくみ解消、体重も減り‥‥ と良いことづくし!

カカオ成分70%とは、チョコレート全体に占めるカカオの割合。市販のチョコには、ミルクチョコや洋酒を混ぜたチョコ、ガナッシュが包まれたチョコなどいろいろあります。私たちがふだん購入するような板チョコやドラッグ系のお店で安価に販売されている食べやすいチョコには、生クリームやグラニュー糖がたっぷり使われています。

カカオ成分70%以上のチョコは、ちょっと苦いです。甘いのが苦手な人には良いけど、ふつうの人はあまり好まない苦味かも‥‥

カカオ豆に含まれる「カカオプロティン」と呼ばれるタンパク質には、食物繊維と同じような働きがあり、腸内環境を良くしてくれます。それが、便秘解消につながるのですね。

ハイカカオチョコには、「カカオポリフェノール」も豊富。ポリフェノールの抗酸化作用で、お肌のコンディションを整え、血管がしなやかになり、認知症予防にも効果が見られるとのこと。

カカオ成分が高いチョコを適量食べるのもアリ、

カカオ成分が40%や50%くらいのチョコをたくさん食べるのもアリ。

外国から飛行機で飛んで来る王子様ショコラティエのチョコは、1粒1,000円くらいするものもありますが、贈り物に買うことはあっても自分用には、なかなかね‥‥

IMG_20160212_144615

ふふふ。甥っ子たちは今年何個もらうのでしょう? (1人は俳優のタマゴです)楽しみ〜♪

それにしてもチョコレートって、人を幸せな気持ちにさせてくれる媚薬ですよね〜(^^)

*参考資料:あさイチ 2016年2月3日「知られざるチョコレートの底力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です