豆は「しあわせ」のタネである

枝豆「乙姫みどり」

上賀茂の畑めぐり

京都市北区上賀茂、ここは京野菜のふるさと。「賀茂なす」や「すぐき」が育つエリアです。高級住宅地や新しいマンションなどが建つ一角に、京野菜の畑が広がっています。

IMG_20160618_095938 IMG_20160618_100022 IMG_20160618_095839

この豆畑は、おそらくモロッコいんげん? 緑色のみずみずしい葉っぱと白い花、その花から実をつけるいんげん豆。あぁ、なんと美しい! 食べ物を収穫するために人の手が加わっているとはいえ、太陽の光を浴びて土から育つ野菜に、力強いエネルギーを感じます。

そして、こちらは‥‥

IMG_20160618_100519 大豆の畑です。

大豆の育つ畑=枝豆畑でございます。

週末に探検したとき、だいぶ育っておりました。そこで、以前お世話になっていた貸農園の谷さんにご連絡をして、この夏も1区画お世話になることに‥‥ (^^)

谷農園は、農家さんが育ててくださった野菜の収穫だけ自分で行うシステムの貸農園。

いちご狩りに行って、1区画をまるまる買い上げるようなもの。消費者は収穫の楽しみだけ味わうラクラク農園です。それでもやっぱり「自分の畑」意識が芽生えるのですよね〜♪

 

枝豆の1区画オーナーに!

今朝、出勤前に畑に寄ると‥‥ もう、名札が付いていました。谷さん、仕事が速い!

IMG_20160620_095732 IMG_20160620_095712

だいぶ、実が付いています。今年の1区画は2,300円(税込)でした。

これは、ビールの美味しい季節に食べるために収穫時期を早めた枝豆だそうです。3月に蒔いて、6〜7月に収穫。「9月にこの畑には、すぐきを植える」と聞きました。

もう、上賀茂の枝豆畑オーナーになるのは3回目か4回目くらいのはずですが、初めて枝豆品種を知りました。この枝豆は「乙姫みどり」という品種です。かわいい♡ どなたが名前を付けられたのでしょうね。乙姫みどりは、我が家と豆ラボに、福をいっぱい運んでくれそうです。

 

まだちょっと、莢が薄い(豆が太っていない)とは思ったけど、せっかく行ったので今年のお初を収穫〜♪

こちらが、乙姫家のみどりちゃんです。(^^) あと3〜4日後くらいがベストかな?

IMG_20160620_100046 IMG_20160620_100006

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • No Events

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー