豆は「しあわせ」のタネである

うぐいす餡の薄皮まんじゅう試作

青えんどうでつくるアンコ

仕事で薄皮まんじゅうの試作をしました。使ったのは、青えんどう。

1晩水戻しして、茹でて使います。

アンコにしますから、やわ茹でにします。茹でていると、豆の皮が浮いてきます。浮いてきた皮は全部すくい去って、豆のデンプン質のところを使ってアンコにします。

皮を取り去って、粗めのザルで裏ごしします。最後に残る豆の皮は使いません。

あずきのこし餡を作る要領ですね。

豆を裏ごししたものを「生あん」と言います。砂糖を加える前のあんこの元。豆の吟醸ですね。

裏ごしした青えんどうの生あんに、砂糖と塩少々、水を加えて練り上げるのがレシピの手順。

私は、砂糖を煮溶かした蜜に生あんを加え、しばらく寝かせてから炊きました。

 

薄皮まんじゅう

青えんどうで作るアンコが「うぐいす餡」、うぐいす餡を丸めて薄皮まんじゅうを作ります。

が、初回はアンコの練りがやわらか過ぎて、丸めたアンコがゆる過ぎて形がくずれてしまいます。小豆のあんこより、加熱調理後の蒸発量が少ないようです。

再度加熱して、水分を飛ばしました。

薄力粉+砂糖+重曹を混ぜたものに、あんこを転がして蒸し鍋で蒸し上げました。

茶こしを使って、きな粉を振り掛けたら出来上りです。

きな粉は「泣き(しめり)」がこないように、食べる直前にかけるのが良いかと思います。

 

あんこに使う豆

今回は、青えんどうを使って、うぐいす餡を作りました。

一般的によく使われるのは、あずき、大納言。京都の和菓子の職人さんを取材した際に、餡やぜんざいに使う小豆を教わりました。京都府亀岡産「馬路大納言」、兵庫県「神河大納言」、兵庫県氷上「春日大納言」、青森大納言を使っているそうです。

白あんに使うのは、たいてい手亡豆。高級和菓子には白小豆が使われたりします。一般的な白小豆は北海道産で、スペシャル高価なのが備中白小豆(岡山県産)。

そのほか、いんげん豆の仲間で、紅しぼり、虎豆などでもあんこを作ったことがあります。

赤レンズ豆ですと、黄色いあんこができます。水浸けがいらない赤レンズ豆は、あんこを作るのにも調理時間が短く手軽に作ることができます。仕上げに「色留め」のつもりで、レモン汁を入れたこともあります。

デンプン質の多い豆が、餡を作るのに向いています。

アンコもいろいろ。ぜんざいもいろいろ。甘味処で美味しいのをいただいて、自分のアンコを磨いております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 9月
« 8月   10月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー