豆は「しあわせ」のタネである

西利「えだまめの乳酸発酵ポタージュ」

LABRE SOUP 〜 乳酸発酵のポタージュ

「あ、枝豆のスープ!」京都 高島屋で通りがかりに見つけました。

パッケージが招くのですよ。「ほいほい、ホイ! おいしいよ〜♪」と。値段は見ないことにして買いました。

えだまめの乳酸発酵ポタージュ 150g入り 550円+税 

このパッケージ、実においしそうでしょう。入れてくださった茶色い袋も、独特の形状でした。

ほかに、玉ねぎ・トマト・とうもろこし・カブ・かぼちゃがあるようです。なんか、野菜がいろいろで「カラダに良さそう」オーラが出ていました。「えだまめ」味だけを買ったと言うことは、やっぱり価格を見ていたんですね💦

 

えだまめポタージュは、えだまめパンと共に

単純に「えだまめコーデ」と思って、枝豆パンを焼きました。

丸いお皿に丸パン2つ。枝豆が8粒ずつ入っています。

さて、ラブレ・スープ。

えだまめグリーンではありませんが、先にラベルのえだまめ画像が焼き付いていますから、味わう前から枝豆感たっぷり。

ひと口すすると、ん? よく分からない。

もうひと口、ふた口。なんだか知ってる味のようだけど、遠い昔に食べたことがあるような記憶の味?

原材料表示を見てみると、

玉ねぎ、豆乳、枝豆、じゃがいも、オリーブオイル、にんにく、食塩、昆布エキス、ラブレ乳酸菌液、pH調整剤、環状オリゴ糖とありました。

昆布と乳酸菌? あ、書きながらわかった。あれ、糠漬けの味! そうです、あの味は糠漬けをミックスしたような味ですよ。だから、知ってる気がしたんだ!

お漬物の西利さんのポタージュスープですから、糠漬けアレンジはアリですね〜。

「ラブレ乳酸菌」で検索したら、「すっきりしない、お通じの悩みに」などがヒットします。ラブレって、そういう菌?

あ、また思いついた。

枝豆を莢ごと糠床に入れてみよう。そしたら、このポタージュの遠い親戚みたいな味になる???

ふふふ。初めて口にする食品は、面白いです。いろんなヒラメキを与えてくれます。594円、高くな〜い😃

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 10月
« 9月   11月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー