豆は「しあわせ」のタネである

【岐阜県産】岐阜えだまめ 2104

6月の岐阜えだまめは「S201」?

岐阜えだまめ、今季2袋目。

Lサイズ 袋込185g入り 398円+税 アイハートで買いました。

5月初めは(他店で)、100g入りで同じ価格でした。あの頃はまだハウス栽培のえだまめだったのが、現在は露地栽培になって量も増えたみたいです。

ぎふベジさんのサイトを見ると、えだまめのところに月ごとの品種が載っています。それによると、このえだまめは「S201」なのだと思います。

 

「S201」を味わいました

蒸し茹でにしました。ちょっと時間が過ぎてしまった感じで、やわ茹で気味に‥‥

味が薄いように感じたのは、豆のせいではなく調理が下手だったから。前塩の滲み時間が短かったから。

2粒豆、3粒豆だけの莢が入ったキレイな枝豆です。

 

「岐阜えだまめ」で枝豆パンを作りました

今回は、フレッシュのえだまめ入りパンを作ろうと思って買いました。

185gは、丸パン1個に8粒ずつ入れました。

生地にZENBの枝豆ペーストも入れました。

丸める段階で豆粒を加えたから、パンの膨らみがちょっと物足りないかも?

岐阜えだまめは、これから月を追うごとに旨味がのっておいしくなっていくでしょう。また買います!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 8月
« 7月   9月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー