豆は「しあわせ」のタネである

豆料理レッスン「レッドキドニー編」を開催しました

1豆3味をお伝えすべく

もうずっと何年も前からやりたいと思っていたことの一つに、豆料理レッスンがあります。これまで味噌仕込み会や赤飯レッスン、えだまめの会など開催してきましたが、実は本当にやりたかったのは豆料理レッスンでした。

4/23(土)ようやく実現の第一歩を踏み出すことができました。

最初に選んだ豆は、レッドキドニー。先月のあんこ教室の皆さんからのリクエストでした。「チリコンカンを作りたい」というお声にお応えして、3品を予定しました。

◎チリコンカン

◎スパニッシュ・オムレツ

◎ハビチュエラス コン ドルチェ風(命名:ドミニカ・スイーツ)

 

レッドキドニー レッスン

日本で手に入るレッドキドニーは、(おそらく)すべてが輸入豆です。アメリカ産を見かけることが多いです。タコスやチリコンカンなど南米の料理に登場し、ピリ辛煮込みのイメージが強いです。

 

赤い色を生かして、大手食品メーカーが販売する豆ミックスや、飲食店の豆料理に彩りとして使われることも増えてきました。

一般のご家庭でも、当たり前に使われる豆になることを願って、豆料理レッスンのスターターに採用。

 

・レッドキドニーの洗い方  水替えを3〜4回繰り返し、丁寧に

・水浸け  およそ6時間〜8時間ほどで戻ります。水は豆の4倍量くらいたっぷりと入れて戻してください

・水煮の仕方  沸騰してから20分ほどで茹で上がります。

途中、アクが浮いてきたら取り除いてください

 

 

 

豆を水煮にするところから、料理の完成まで約2時間。そして試食タイム。

今回は、こんな感じにできました。やってみてわかることがたくさんあって、次回はもっとスムーズに気持ちよくコトが進むよう改善します。

 

参加者の皆さま、ありがとうございました。

 

5月は青えんどう

次回は、5月28日(土)の開催です。青えんどうを使った料理を作ります。

リクエストいただいているのはフムス、パパドの2品。さっそく試作に取り掛かります。誰もが作りたくなる手軽においしい豆料理・・・ と考えると、なかなか課題がたくさんあります。

本当は皆さんに、日本の豆を使った料理を作ってほしいのですが、豆料理のイメージは海外にあるのでしょうか? 大豆やいんげん豆、花豆などを使った家庭料理に登場する洋風のおかず類も選べるように、リクエストの素を作ろうかなぁ・・・?

日本に、もっと豆好きな人が増えますように。豆料理を作る人が増えますように。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 9月
« 8月   10月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー