11月1日は「赤飯の日」、赤飯おにぎりもアルミホイルで包みましょう

11月1日は「赤飯の日」

いえ、11月1日のみならず、毎月1日と15日は「赤飯の日」。

誰が決めたわけでもなく、記念日協会に登録されているわけでもありません。

神棚にお榊をあげるように、お決まりの日にお赤飯を食べて、健やかに暮らしましょう! というような願いをこめて、毎月1日と15日の前後に「赤飯を食べましょう」と、お声かけしています。

img_20161101_134447 img_20161101_134531

本日は、豆ラボでお昼につくりました。

奈良県産の大納言を使い、粒の大きなふっくらお赤飯ができました。

img_20161101_141817

ラップ材よりアルミホイル

これまた「あさイチ」ネタです。

おにぎりは、ラップ材(サランラップ、クレラップ、その他)で包むより、アルミホイルで包むのが良いそうです。しかも、包む前に、きれいなサラのアルミホイルを、手でくちゃくちゃにして包むと、蒸れることが少なく、食べるときにおいしいのだとか(^^)

な〜るほど、だから、食品売場のお惣菜コーナーに時々、「俵型のアルミ包装おにぎりを」見かけていたのですね。

何でも試してみたいから、さっそく私もやってみました。

はい。納得です。いつもと違うおいしさです。

img_20161101_143902 img_20161101_144049 img_20161101_144204

11月1日。このあと大急ぎで、護王神社の亥子祭に行きます。

「亥の子餅の餅つき」をやっておられるはずです。では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です