豆は「しあわせ」のタネである

小豆入りのパウンド・ショコラ

伊藤美由紀さんレシピより

昨年もこの時期に作った「小豆とピンクペッパーのガトーショコラ風」、今年もまた焼いてみました。蒸して作るお赤飯の講習会で、伊藤美由紀さんとご一緒したせいか、伊藤さんのレシピ本『地豆の料理』から作ってみたくなりました。

『地豆の料理』、いい本です。1,500円+税、今もAmazonなどで販売されています。

 

このレシピには、小豆を使います。茹でた小豆をつぶして、小麦粉やココア、ベーキングパウダーと混ぜます。卵と、てんさい糖と、オリーブオイルも加えます。

1年ぶりに作ったから、なんとなくメモ書きしてた小豆増量の分量調整具合が、うろ覚えです。

 

あずきの味は、ココアに消されてしまう?

 

端っこを切って食べてみると、しっかりココア風味。う〜ん、どうだろう? ココアの分量を減らしてみる?

あずき感は、断面の白粒でわかります。伊藤さんレシピでは、茹でたあずきをバーミキサーでペースト状にしたものを使いますが、私はすり鉢で粗つぶしにしています。

 

自分では、そこそこおいしいと思うのですが、豆とは無関係の一般消費者の口にはいかがでしょう?

今日お会いする方々に、試食していただいてます。それにしても、タイミング悪すぎました。せめてあと1週間早く作っていれば良かったかも‥‥

 

次は先行して、さくら小豆のパウンドケーキに取りかかります。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 07日

豆行事や催しなど

2018年 11月
« 10月   12月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー