金時豆にヨーグルト

甘煮以外の金時豆

日曜日のライブイベントに、豆っぽい食材は大豆あずき金時豆みそきなこドレッシングを使いました。

「世の人々が口にする大半の金時豆は、甘煮が多いだろうな」と思いましたので、副菜としての金時豆活用を提案する意味で、[金時豆入りの茄子みそ]を作りました。生姜と唐辛子を効かせ、お酒のアテにしてもらおうとの試みでした。

たくさんの方に食べていただくことができ、よかったです。

金時豆を甘煮以外に使うとしたら、

・チリコンカン ‥‥‥ レッドキドニーの代わりに使います

・お赤飯 ‥‥‥ 長岡赤飯には金時豆と醤油、酒、白ごまが使われます。東北のお赤飯にも、小豆ではなく金時豆が入っているところがあります。こちらは甘醤油味だったかな?

・金時豆の茄子みそ ‥‥ レシピはこちら

などが、使いやすいですね。

金時豆のカンタンおやつ

甘く煮た金時豆が、豆パンに使われているのを時々みかけます。蒸しパンもありますね。

甘くせずに食べる金時豆のおやつも欲しい‥‥ そこで、金時豆とヨーグルトの組合わせをおすすめします。

小豆やレッドキドニーなど、赤い色の豆にはポリフェノールが豊富で、抗酸化作用にすぐれています。ビフィズス菌の活性化を促す働きに優れているため、煮豆+ヨーグルトの組合わせはおすすめです」というお話を、2015年10月の藪光生先生のご講演でもお聞きしました。

その前から、豆+ヨーグルトは食べていましたが、藪先生のお言葉として耳から入ってくると、より効力が増す気がします。

作り方はカンタンです。

水にもどしておいた金時豆を水煮にしてください。茹で上がったら常温に冷ましてヨーグルトをかけたら出来上り。好みでシナモンをふってください。

金時豆のほっこりしたデンプン質が、ヨーグルトの酸味でほんのり甘く感じます。煮豆のときのように砂糖を入れて煮るのもアリかもしれませんが、砂糖を入れずとも甘く感じるので、どうぞ、お試しください。紅しぼり(下の写真)や小豆でやっても、おいしいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です