豆は「しあわせ」のタネである

「道の駅」豆コレクションに金時豆

全国「道の駅」豆コレクション

今年の4月から、全国「道の駅」公式ホームページ豆コレクション・サイトを担当させていただいています。

6月のテーマ豆は「金時豆」でした。なかなか公開にならないなぁ〜と首を長くして待っていたら、皆さまにもご覧いただけるページに載っています。

 

金時豆を使う料理のレシピも載せていただいてますので、よろしかったら最下部をご活用ください。

金時豆のチリコン・カポナータ

最下部に載せている「金時豆の茄子みそ」のほうが、一般受けするかもしれません。

 

◎コラムは日本各地のお赤飯について書きました。

 

 

金時豆の洗礼

金時豆と言えば甘煮。幼少の頃から食べ過ぎて、「親戚、法事=金時豆の甘煮」が脳裏に焼き付いています。苦手ではないけど、あえて自分で作ることはしない。。。

無意識に避けていたのかもしれません。なぜなら、絶品「金時豆の煮豆」が自分では思うように作れなかったから。

・ふっくらと、ふくよかな美味しさ。

・甘いけど、ねっとりしない甘さ。

・皮が破けることなくハリがあり、テリも適当。

・汁がドロリとせず、飲み干さないでもいいけど、少しは飲みたくなる煮汁。

 

IMG_20160703_175032

のどか作。理想の金時豆を自分で作るには、20年早い?

 

名人の金時煮豆レシピ

理想の「金時煮豆」の作り方を、郷里の中学時代の国語の先生に電話して教わりました。Y先生は煮豆の名人です(先生の煮豆を食べたことないのに言うのもヘンですが、話をお聞きするたびに、金時煮豆名人の気配を感じています)。

[材料]

・金時豆 1kg

・砂糖 0.8kg 味をみて加減してください

・塩 小さじ2〜3 味をみて加減してください

・水 適量

 

[Y先生の作り方]

1.豆を水洗いして、たっぷりの水に1晩浸しておく。

2.浸けておいた水は捨てて、大きな鍋に豆を入れ、豆がかぶるくらいひたひたに水を入れて豆を煮る。

3.最初は中強火で、沸騰したら15分ほど煮て豆の煮え具合をあたってみる。程よく火が通っていたら、火を止めて30分ほどおく。

4.煮汁を捨てて、豆がかぶるくらいまで新しい水を入れ、砂糖と塩を半分量ずつ加える。

5.ふきこぼれないように煮て、火を止めてを5回ほど繰り返す。途中、3回目くらいで残りの砂糖と塩を加える。

6.かたさと甘さ加減をみる。少しくらい破けても気にせず、やわらかめに煮上げる。

 

火を止めて1〜2時間ほど休ませたら出来上り。

 

おいしいはずです。先生はご近所さんと親戚の皆さんに配る分を煮るそうです。私がせいぜい200gとか1カップとかしか作らない煮豆を、先生はたっぷり時間をかけて一度に1kgも煮ておられるのですから。

先生は中学を卒業して10年、20年、それ以上たってもずっと先生でいてくださいます。ありがたいことです(^^)

 

そして、おいしい煮豆を作る秘訣は親戚づき合い、ご近所づき合いを密にすることなのだと痛感しました。やっぱり、私には難しいかなぁ‥‥

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー