豆は「しあわせ」のタネである

レンズ豆入り玉子サンド

ピタパンが膨らまない・・・

ピタパンサンドのレシピ検証で、試作してみました。

1回目の試作は‥‥

レンズ豆に加え、ゆで玉子とアスパラと炒めた牛挽き肉を合わせました。

NGは、ピタパンがうまく焼けない。膨らまない。サンドするのに、中がうまく開かない。

具を詰めすぎて、パンの端っこが破けてしまう‥‥

春の号の試作です。

 

 

 

サンドの再試作

2回目のレシピが届き、そのレシピの検証です。

膨らまないピタパンはパスして今日のところは、近所のおいしいパン屋さんでパンを買ってきました。(スミマセン)

サンドの具が牛挽き肉から鶏ミンチに変更になり、玉子と鶏とマヨネーズの食材コーディネートで、やさしい味になりました。

「適量」と書かれたマスタードは個人的嗜好により、たっぷりと。

 

試作を2回やってみて、レンズ豆は入っているけど、さほど主張せず全体のまとめ役に徹しているなと思いました。わからないようで、わかる。ほんのりやさしいデンプン質の甘さ、消費者の方にも気付いていただけますように‥‥(^^)

 

2月末〜3月初旬の発行に向け、ニュースレターの編集が進んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー