国際マメ年 ポスター掲示協力店(19)とうふの豆藤・加藤本店

*6月5日(日)に豆イベントを開催します。Facebookに情報掲載を始めました。

豆好きによる、豆好きのための美味しいひととき、どうぞご参加ください。 主催:豆ラボ

創業大正10年 とうふ造りひとすじ

株式会社 豆藤は、私が生まれた福岡県八女市に本社をおくお豆腐屋さんです。先月から豆なブログに2回書かせていただいた加藤豆腐店の四代目、豆腐屋・豆藤の加藤信介さんが社長をしています。

加藤さんは「豚骨豆腐」がキッカケで10年ぶりくらいに連絡をとり、電話1本で「2016 国際マメ年」のポスター掲示に協力してくださいました。早くに掲示写真をお送りくださったにも関わらず、

「加藤さん、お豆腐の写真もいります! 送ってください」と言ったがばかりに、まだ協力店としてブログで紹介することができずにいました。フライングで載せておきます。

IMG_2639

豆藤(福岡県八女市)たぶん

IMG_2638

福岡市平尾の加藤本店(おそらく)

豆藤 豆腐の製造と販売をされています。福岡県八女市本村630-6 TEL 0943-22-2069

加藤本店 豆腐やあつ揚げなどの販売 福岡市中央区平尾2-14-19 TEL 092-523-4500

のどか つながりで、国際マメ年のポスターを貼ってくださったお豆腐屋さんは初めてです!

大豆は PULSES に含まれないのですか?」と、あちこちに電話をかけまくった日もありましたが、日本において大豆は大切な豆の仲間。大豆をぬきに日本で「国際マメ年」は語れません。

加藤さん、ご理解とご協力、ありがとうございます。

豆腐の写真は、近日中に自分で撮りに伺います! 待っててくださいね〜♪(^^)

あつ揚げ四兄弟と「まめふじ劇場」

では、何も考えずに下記より「あつ揚げ四兄弟」の歌をお聞きください。

京都で「大正10年創業のお豆腐屋さん」は大したことないのかもしれませんが、私の郷里に、あつ揚げ四兄弟の自己紹介番組をつくるような豆腐屋さんがあるのが誇らしいです。

社長の加藤信介さんは、豆腐屋をしていなかったら俳優か飲食店経営者をしていたのではないかと思います。加藤さんのことはバックナンバーをご覧ください。

・豆なブログ「白丸とんこつ百年豆腐と加藤くん」 2016.3.18 記

・豆なブログ「朝ラーとコロンブスの卵」 2016.3.31 記

2016 国際マメ年のポスター

スクリーンショット 2016-02-24 14.11.02FAO(国際連合食糧農業機関)で作成された「2016 国際マメ年」のポスターを、当事務所でもお預かりしています。掲示協力してくださる方がおられましたら、コメント欄よりご連絡ください。

寸法 縦80センチ×横35センチ

国際マメ年とは、2013年に国連総会で決まった国際年の2016年版です。本年は、国連が「豆類(Pulses)」をクローズアップしてピーアールし、消費や栽培、貿易等において啓蒙活動を行っておられます。

わかりやすく言うと、国連が「世界中の皆さん、豆はカラダに良いからもっと食べましょうね〜♪」と推奨しておられるという話です。よって、日頃から豆ラブな私は、ご縁のある皆さま方にお声かけしながら、「2016 国際マメ年」を全力で応援しています。

このポスターが全国あちこちで見られ、豆に興味を抱く人がちょっとずつ増えていくことを願いながら、日々豆のことで動いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です