5月15日も「赤飯の日」

炊飯器で作りました

IMG_20160515_143736 IMG_20160515_152823 IMG_20160515_152924

6月5日が、だんだん近づいてきてて、神さまへのお供えのつもりで作りました。

炊き立てを豆ラボの神棚さまにお供えしました。(^^)

毎月1日と15日、意識していないとうっかり1日を終えてしまいます。

かつて、赤飯運動実行委員会で一緒に活動をしていた北海道・遠軽の辻本宜子さんは、いまもFacebookでお知らせを続けてくださっています。

毎月1日と15日は「赤飯の日」

赤飯運動【せきはん・うんどう】

昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いてお供えしたりする日とされてきました。また、赤飯はお目出度いことがあったときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、良事を呼び込むと信じられてきたからです。

私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で炊けなかったら買ってきた赤飯でもいいのです。腹もちのいいもち米と小豆の組み合わせ。あなたの身体に、元気エネルギーを!

赤飯運動実行委員会 資料より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です