豆は「しあわせ」のタネである

Sugar さんの お豆のサラダふりかけ

組合わせの天才

京都市北区にある Soy Sweets Sugar さん。豆好きな人は、わざわざ探して行ってほしい店です。Sugar さんのこと、私は組合わせの天才だと思っています。

お豆のジャムお豆のワイン煮お豆のケーキなど、豆と洋酒、豆とドライフルーツ、豆とフルーツの組合わせ具合に、いつも「ほぉ〜!」と感心しています。

そしたら今回、直々にご連絡いただいた新商品にも驚かされました。

お豆のサラダふりかけ」、煎った豆のふりかけをサラダにかけたら、即席で豆サラダができますよ〜という便利な商品です。50g入 380円

IMG_20160326_112416 IMG_20160330_132226

 

原材料は、ひよこ豆 レッドキドニー 大豆 緑豆 青えんどう豆 レンズ豆の6豆とカシューナッツ、香辛料はクミンシードチリ、ガラムマサラ、コリアンダー、きび糖、塩コショウと表示されています。

加えてレーズンのような、ベリーのような酸味も感じました。

 

豆ふりポテサラ

IMG_20160330_133528ネーミングは即興で思いつきました。

黄色いジャガイモは、雪下熟成の「インカの瞳」を使っています。寒に耐えたジャガイモの甘さは格別です。そこに、ふりかけてすぐはカリッと、ドレッシングやジャガイモの水分と馴染んでくるとホッコリとする豆粒さんたち。

ガラムマサラ、コリアンダーなどの香りが加わることで、異国の風味がアップします。

Sugar さんは「お豆腐にかけても美味しいですよ」と教えてくれました。ひょっとするとパスタやピッツァにもいけそうですね。(^^)

 

Sugar さんの味覚センサーがどう作られているのか、興味津々。この先も新商品が続々と登場するのでしょう。期待しています。Eさん、新しいの出たら、また教えてください。

 

Soy Sweets Sugar  京都市北区紫野西野町2 TEL 075-432-6711

 

「お豆のサラダふりかけ」を使って作りました 〜続編です〜

IMG_20160407_193334 IMG_20160408_125022

4/8追記

Sugar さんの「お豆のサラダふりかけ」を使って、いろいろ遊んでいます。

◎白花豆とフルーツトマトのサラダ(写真左) ベビーリーフやバジル、茹でた三度豆を加え、オリーブオイルで和えます。「お豆のサラダふりかけ」で調味するように、たっぷりと使いました。トマト、白花豆、バジルにカレー風味。これは飲まずにはいられません。笑

 

◎ズッキーニの黄色いのとしめじ炒め(写真右) オリーブオイル、塩ほんの少々+大さじ1の「お豆のサラダふりかけ」を混ぜて野菜炒めに。器に盛りつけて、トッピングにも1ふり。こっちも泡の出る昼飲みに合いそうです。(^^)

関連記事

コメント

    • sugar
    • 2016年 4月 07日

    のどかさん!!早速UPして頂きまして、ありがとうございます!!インカのめざめそのものも甘くて美味しいですが、サラダふりかけで、カレー風味になって、無国籍を味わえましたか~( ☆∀☆)
    素敵な写真!!私は、カボチャもお気に入り!!ありがとうございました!!今月は、イチゴのお豆のワイン煮がオススメでーす!!

      • Nodoka
      • 2016年 4月 07日

      Sugar さん、こんばんは。

      はい。豆ふりポテサラは、一気にアジアンチックな気分になれました。
      「インカのめざめ」もカボチャも色味が似ていますよね〜。
      豆ラボではポテサラの次は、トマサラ。フルーツトマトが1箱届き、とてもゴージャスなトマト生活を満喫しています。(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 11月
« 10月   12月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー