豆は「しあわせ」のタネである

【上野】のものマルシェにて新豆を買う

全国穀物商協同組合連合会(全穀商連)の「豆まつり」へ

11月25日(土)と26日(土)に、上野駅「のものマルシェ」で「豆まつり」として新豆の販売会が開催されました。今年3月に全国穀物商協同組合連合会さん事務局をお訪ねした際にお聞きしていたので、出張に合わせて覗いてきました。

初日のすべり出しは、こんな感じでした。

見覚えのあるキャッチ、「小さな豆から大きな健康」が白抜きされたのぼり。

「豆をいっぱい袋に詰めて、お得に販売するんですよ」とお聞きしてたから、楽しみに訪れました。

売り場に並んでいたのは、北海道産の黒大豆・小豆・福勝金時豆・大豆の4種類。豆によって、360g〜450g入った1袋が、どれも税込400円です。

今年の新豆、北海道産、どれにしよう・・・?

小豆もいいけど450gは重いなぁ・・・ 黒豆は360g入りね。金時豆だけ「福勝」と品種名が書いてあるのはなぜ? 大正金時や本金時には縁があるけど、福勝は久々だなぁ・・・ と一瞬の間にいろいろ考えて、2つ選びました。

 

福勝金時豆と黒大豆

2つで800円。なに作ろう?

豆パン? 黒豆食パン、金時豆入りのココアカンパーニュ、黒豆パネトーネ、金時豆チリコンカンのパン・・・

豆料理? 黒豆入りマーボー豆腐、金時豆オムレツ、黒豆ごはん、塩金時、ラタトゥイユ・・・

どちらも使いやすい豆です。

商品を入れてくださった袋の中には、豆料理レシピの冊子などが入っていました。

金時豆入りボルシチ・白花豆のしょうが煮とぜんざいなど、作ってみたい料理も載っています。

 

全穀商連さん、ありがとうございます。豆の普及活動・・・ 柴田事務局長&販売に携わられた皆さま、お疲れ様でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2024年 6月
« 5月   7月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー