豆は「しあわせ」のタネである

4月8日「おからの日」に

おからの別称「卯の花」とは?

4月8日は「おからの日」だと知ったのは、3月の終わり頃のことでした。訪れたとうふ屋さんの店内に置かれたチラシに、そうなんだ〜とうれしくなって、いただいて来ました。

おからは、とうふを作るときの副産物です。大豆からできます。豆乳をしぼるときの残り。おからパウダーとか流行ってますが、世のおとうふ屋さんの多くは、おからを産業廃棄物としてお金を払って処分されています。

おからの日の由来にあったように、お釈迦さまの誕生日である4月8日にお供えする花が「卯の花」で、おからのことも「卯の花」というから、この日に制定されたそうです。

恥ずかしながら植物の「卯の花」を知りません。調べてみると、ユキノシタ科の落葉植物・空木(卯木/ウツギ)のことだそう。卯という木に咲く花だから、卯の花なんですね。

卯の花を検索したら、81歳の「pea」さまの植物図鑑ブログに載っていました。「pea」って、豆つながりで親しみを感じます。2007年5月にpeaさまは写真掲載されています。

*pea さまにご許可をいただきました。卯の花(空木/卯木)のお写真を転載させていただきます。

 

「おからの日」に、おからは買えず‥‥

作るとしたら、上田とうふ 上田久美子さんに習った「おからサラダ」かなと思っていたら‥‥

顔見知りのおとうふ屋さんに、夕方行ったのが悪かったのです。完売していました。

皆さんにお知らせしたくて、Facebookに書いたら、たくさんコメントをいただきました。おからサラダには、ごまを入れるとおいしいそうです。りんごを入れる方も。

久美ちゃんのは、キュウリとツナが入っていました。マヨネーズたっぷり目。

ほかに、おからハンバーグにするというコメントもくださいました。私は、とうふハンバーグや、いんげん系の豆をつぶして入れる豆ハンバーグを作るのですが、おからもカサ増しになりますね。パン粉を入れると思えば、アリですね。

ふふふ。そして、思いつきました。

パンケーキに入れるというのはアリ? 「グレーテルのかまど」でやってた福原愛ちゃんのパンケーキのようには膨らまないかもしれませんが‥‥

「しっぽの執事」ペットシッターの中村大介さんが教えてくださった、炊飯器で作るホットケーキのアレンジを思いつきました。

【中村さんレシピ】

市販のホットケーキミックスの粉150g、卵1つ、牛乳200cc(→ おそらく100mlが正)、

炊飯器の内釜にはペーパータオル等で薄く油をひき、混ぜた材料を入れて、炊飯ボタンを押すだけ。

これに卵黄1つ、砂糖大さじ1、ラム酒、バニラオイルを入れて作ったと、教えてくれました。

まずは大介さんレシピで基本をマスターし、おからアレンジを考えよう。ホットケーキミックスと、おからを買ってこよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 9月
« 8月   10月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー