豆は「しあわせ」のタネである

枝豆料理の試作

枝豆生活が続いています。日に3食、枝豆を食べることも‥‥ 今日は、枝豆の試作をしました。

枝豆の中華かゆ

去年「天壇」で食べた枝豆粥を思い出しながら、中華風味に作ってみました。

〈材料/約2人分〉

・うるち米 1/2合

・枝豆(莢から出した豆だけ) 30g

・中華だし 小さじ1/2

・水 炊飯器の目盛りで

 

〈作り方〉

1.米を洗って水浸けしたまま30分ほどおく

2.炊飯器の「おかゆ」目盛りを使う。5分粥、全粥の好みの分量まで水を入れ、中華だしも入れて炊飯

  土鍋や鍋で作ってもOK

3.枝豆を莢から出して刻む。薄皮がめくれてくる分は外す

4.おかゆが炊き上がったら、3を加えてしばらく保温し、刻んだ枝豆に熱を入れる

5.4を器に盛り、ごま油を少し垂らす

 

〈改善ポイント〉

・もしかすると、固茹でにした枝豆を使うほうが良いかも‥‥ もしくは、蒸し焼きにして必要量を枝豆かゆ用に分け、残りを食べる?

・おかずなしで食べるときは、炊飯時に塩を少々加えておく

・枝豆の豆だけを水煮にして、その煮汁で炊くともっと枝豆の香りが入りそう

 

〈感想〉おいしい。うれしい。ハッピー(^^)

 

枝豆ソテー

〈材料〉

・枝豆(蒸し焼きか、茹でたもの) 適量

・ごま油  適量

・にんにくスライス  適量

・塩  適量

・鷹の爪 輪切り  適量

 分量すべて「適量」でスミマセン。好みと勘で調整してください。

 

〈作り方〉

1.フライパンにスライスしたニンニクとゴマ油を入れて火にかける

2.ニンニクの香りがしてきたら、枝豆を入れて炒める

3.塩と鷹の爪をパラパラと振り掛けて混ぜる

4.できあがり

 

〈感想〉 はい。考えただけでもおいしいですね。

これの元になったのは、アメリカ ロサンゼルス パサディナの RAMEN  TATSUNOYA のアペタイザー。作り方はN常務におそわりました。アレンジは、Kさんと話していたら行き着きました

 

枝豆は、蒸し焼きにして塩少々で食べるのが好きです。その食べ比べばかりしてきました。が、ひょんなことから「ザ・枝豆」料理を考案することになりました。

明日は、ずんだ餡を作ってみる? わらび餅の餡が、枝豆ずんだって、どうでしょう? おいしいかも??

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 10月
« 9月   11月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー