豆は「しあわせ」のタネである

豆すはま「福のはじめ」

2021年の始まりに

正月2日、新年おめでとうございます。皆さま、どんなお正月ですか?

仙太郎さんで、お正月用の花びら餅を買い求めた際に、ステキなお菓子を見つけました。

ま〜るい容器に赤い帯、「豆すはま」と書かれていました。

豆すはま? それは食べてみなければ‥‥ とお試し買い。

豆すはま「福のはじめ」 税込 810円

帯に「小豆・黒豆・なっと」の文字あり。ワクワクしながら開けてみると‥‥

丸っこいのが色とりどりに!

黒大豆と小豆、青えんどうの甘納豆でしょ。黄色はきな粉のすはま、桃色は梅味のすはま、黄土色は何豆のすはま???

最初は一粒ずつ、考えながら味わいました。途中から2〜3粒、適当に口に入れ‥‥ 新年早々、しあわせな豆菓子を味わいました。

 

元朝の記録

今年のお雑煮は、香川のあん餅雑煮を作ってみました。

焼いた 杵つき あん餅・ニンジン・大根・いりこ出汁・白みそ・青のり

お正月の黒豆と澪の金粉入りを添えて。

香川のあん餅雑煮は、白みそと餡の甘さが女子向けのテイスト。いりこ出汁を久々に味わったように思います。ネギや三つ葉ではなく、青のりをかけるのが香川スタイル。

あん餅雑煮、黒豆、スパークリング日本酒、3つとも甘口でした。

 

花びら餅に大福梅茶を添えて

 

大福梅は北野天満宮で、事始めの12月13日に受けたもの。

花びら餅は「福のはじめ」と共に仙太郎さんで求めました。花びら餅の白みそ餡は手亡豆+白みそ、牛蒡と共に、ニンジンイメージの柿色をしたスライス羊羹が挟まれていました。

 

2021年が始まりました。新年に口にした豆は、黒大豆・小豆・青えんどう・大豆(きな粉)・手亡豆ということになりましょうか。本年も、たくさんの方々と色々な豆を美味しく味わえますように。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 9月
« 8月   10月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー