豆は「しあわせ」のタネである

7月1日「黒飯」を供える

大切な方を思って

「毎月1日と15日は、赤飯の日」と言いながら、おついたちと15日はお赤飯を作り、その日お会いする方々に赤飯おにぎりをお渡ししています。

が、今回はちょっと、赤飯の気持ちになれず・・・ 黒飯(こくはん)を作りました。

黒飯は仏事に供されるご飯です。

もち米のお蒸かし・・・6月27日に13回忌を迎えた古い知人と、奇しくも同じ日に旅立たれた大切な方を思いながら作りました。

 

黒飯の作り方

[材 料]

・餅米2合 (好みで、もち米1.5合、うるち米0.5合の配合でも可)

・塩 小さじ1/4

・黒い豆の水煮 大さじ3 塩 少々

・白ごま 小さじ1/2 (好みで)

 

[作り方]

①黒い豆の水煮を用意する。

豆を1晩水浸けして、鍋に水、塩少々と一緒に入れて茹でる。

豆は黒大豆黒千石(雑穀売場で売られている小粒の黒い大豆)、黒小豆黒いんげんなど。黒々と茹で上げるには、鉄鍋や鉄釘などを活用する。

時間がないときは、市販の「黒大豆の蒸し豆」なども活用可。

②餅米を水洗いし、ザルに上げて30分ほどおく。

③炊飯器の「おこわ」目盛りで②を2合分の水加減し、塩を加えて「おこわ」モードで炊飯。

④白おこわが炊き上がったら、①の豆を水切りし、白おこわに混ぜて再度ふたをし、10分ほど蒸らす。

⑤器によそい、好みで白ごまをふる。

*黒大豆を使う際は、敬意の表明にこだわって飛切極上、2L、L など大粒のものを選ぶより、程々の大きさのほうが黒飯には向いていると思います。

初七日・初命日・四十九日・初盆・一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・・・ 黒飯をお供えする習慣は地域性があるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 12月
« 11月   1月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー