豆は「しあわせ」のタネである

穀物屋の豆など、楽天市場に新規出店

「穀物屋 楽天」で検索

福岡県久留米市に「穀物屋 森光商店」という豆や雑穀、お米などを販売する穀物専門店があります。

2ヶ月に1回、穀物屋 森光商店で発行されている「おいしい週末」の編集をお手伝いしています。最新号のvol.51 が完成し、手元に届きました。同封されていた「楽天市場出店のお知らせ」に、思わず見入ってしまいました。

11月2日から新規出店されたそうです。「穀物屋 楽天」で検索すると、すぐに見つかります。

トップページは、こんな感じです。

気になる豆コーナーへの入口は「産地直送の豆」バナーから。

レッドキドニー、ガルバンゾなどの輸入豆や、「豊祝」「しゅまり」「エリモ小豆」「きたのおとめ」「雅」などの北海道産小豆、「ふくゆたか」「鶴の子大豆」「ユキホマレ」などの大豆ほか、いろいろな豆が購入できます。

内容量違いの同じ豆もありますが、豆だけで52件も!

じっくり選んで、豆料理や豆スイーツ作りを楽しんでいただけたらなと思います。

穀物屋で人気のビスコッティや、高砂屋の豆菓子なども購入できます。税込3,980円以上送料無料をクリアするのに、おやつ類は便利ですね。

 

おいしい週末 vol.51

「おいしい週末」の最新号は、こちら。

お忙しい皆さまに、週末くらいゆっくりと穀物を使った手づくりの料理を楽しんでいただきたい、と始まった「おいしい週末」が、もう51号を数えます。10年以上続くニュースレター、最近はお店で使えるクーポンも付いて、喜ばれているみたいです。

いつか使ってみようと思いながら、店に伺うときに持参するのを忘れて、私はまだ一度も使ったことがありません。笑

 

今回のオムハヤシ、発行前に検証係として作ってみました。手亡豆を使います。レシピどおりに作ってみたら、なかなかおいしくできました。

ニュースレター「おいしい週末」は、豆ラボにも置いています。枝豆の会や赤飯レッスン、みそ仕込会などで来てくださる方々や、豆関係のお客さまにお渡ししています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 11月
« 10月   12月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー