豆は「しあわせ」のタネである

植物園はマメだらけ

100周年を迎えた京都府立植物園へ

1924年に開園した京都植物園(後に、京都府立植物園となる)は、2024年の今年、100周年に沸いています。私も仕事で、植物園の取材に伺いました。

桜まんかいで、お花見をする人たちがたくさんいて、いつも以上に賑わっていました。上賀茂に住んでいた頃には何度も訪れた植物園を、ワクワクしながら歩き回りました。

 

小林副園長さんのガイドツアー

取材は副園長さんが受けてくださって、100周年の記念はっぴがとてもお似合いで、後ろ姿はまるで庭師さんのようでした。

植物園会館で1時間ほどお話をお聞きして、外へ。Heritage Tree(樹林地内歴史遺産樹木)のお話や、ビル・ゲイツさんから寄贈された本のお話などをお聞きしたあと、「どこが見たいですか?」と。

「温室に行きたいです!」、にこやかに答えた私たち3人組を小林副園長さんは、さらに1時間以上かけて温室内をご案内くださいました。

おかげで、たくさんの発見があり、これは記録しておかないと、記憶から消えてしまう・・・ と思い、豆っぽいのだけ優先して「豆なブログ」に掲載しておきます。

 

マメ科植物を次々に発見!

観覧温室と、きのこ文庫は隣り合わせ。温室に入って、見つけた順に「マメ科」を記載します。

◎オオベニゴウカン(白花)

 

◎オオベニゴウカン

 

◎サラカディウェス

 

 

◎ムユウジュ

 

◎サラカ・タイピンゲンジス

 

◎ムクナ

 

◎バウヒニア アウレイフ

 

◎タガヤサンノキ

 

◎ナンバンアカアズキ

 

◎モダマ(藻玉)

温室内には、知らないマメ科植物がたくさん居ました。説明をお聴きしながらメモするのが間に合わなくて、とりあえず写真に残したけど、間違っていたらスミマセン。

カカオもあったけど、大きな実を着けていたけれど、残念ながら「アオイ科」だから今回は載せてあげない・・・

マメ科の魅力に取り憑かれるように見入ってしまい、それでも4人でなければ、きっと3時間くらい温室に滞在し、のぼせていたような・・・

「あらためて一人で、再訪せねば・・・」と心密かに思いました。

 

あと、温室内ではなかったけど、カラスノエンドウがあちこちに生えていました。

藤、萩、エンドウ、トウサイカチなどもマメ科植物です。取材日には見かけなかったけど、植物園のどこかに存在します。

 

京都府立植物園は、日本で初の公営の植物園です。総面積 24万㎡の広さに、約12,000種類の植物が存在するそうです。今回の取材は、あくまで豆の取材ではありません。本旨の原稿は後日(夏頃)、別の媒体に掲載されます。

京都府立植物園に、マメ科植物が全部で何種類あるかは今のところ不明。まずは自分でリストアップし、数えてから植物園の専門職の方にお訊ねしてみよう。

植物園、また行かねば・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2024年 5月
« 4月   6月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー