豆は「しあわせ」のタネである

【三重県四日市市】笹井屋の「なが餅」

鈴鹿名物って、何ですか?

仕事で三重県の鈴鹿市に行きました。そこで知り合った方に地域の名産品をお訊ねし、教えていただいたのがこちら。

名物 なが餅 四日市市 笹井屋製

私にとっては初めての食体験でしたが、京都生まれ京都暮らしの方々にとっては「食べたことがある記憶に残る土産品」のようでした。

お預かりしたお土産を、運び屋特権で3つも頂戴しました。

細なが〜いお餅。うっすらと焼き色がついています。断面はこんな感じ。あんこ率3〜4割といったところでしょうか。計算されたバランスです。

人様が食べている表情は、デメルのチョコの箱にある「長〜い舌の猫」を思わせてくれました。

米粉のお餅。おいしい。

この味、似たようなのを知ってる。と記憶をたどったら、郷里の記憶がよみがえりました。太宰府天満宮参道の「梅ヶ枝餅」や、お櫛田さん(櫛田神社)の商店街側入り口にある「櫛田のやきもち」と似てるかも?

というところで、ちょっと炙ってみました。

オーブントースターで5分ほど炙ってみました。ぷわっとした食感と甘さが、常温のときより強く感じられました。おいしかったです。

K監督の奥さま、ごちそうさまでした。

 

元祖なが餅

箱に入っていた「なが餅の栞」。

字が小さすぎて読めないので、写真をとって拡大して読んでみました。

天文19年から存在する和菓子、400年経ったように書かれています。天文19年を調べたら、西暦1550年です。2022年の472年前です。謙虚ですね、笹井屋さん。ふつうなら「五百年近く」とか「五百年弱」とか端折って多い方に書きそうなのに・・・

「笹餅」「牛の舌」との愛称もあったとか。

東海道五十三次 四日市の宿 三重川の畔に幾久しく・・・

「東海随一の名粋 笹井屋 なが餅」として、旅人の味覚を慰め・・・

形状の風雅独特、舌に玉を転がすが如き美味の名菓・・・

伝統の銘菓を紹介する文章、勉強になります。

伊勢詣うでの往き来に立ち寄って食べると、あなたの寿命は「なが餅」のように長くなりますよ。と誰かの句が載っていました。

堅くなったら火に焙ると「舌もとろけむ」と結ばれています。はい、やっぱりね 😉

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 5月
« 4月   6月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー