豆は「しあわせ」のタネである

豆類時報106号に「豆パン屋アポロ」と豆パン作りの原稿が掲載されました

豆類時報は、日本豆類協会の情報サイトに掲載されています

3ヶ月に1回、豆類時報に掲載されている豆探検情報、今回は奈良県大和郡山市の『豆パン屋アポロ』さんの紹介と、奈良・大阪・神戸・京都のパン屋さんリサーチ、自分で取り組んでいる甘くない豆のパン作りについて書きました。

原稿はこちらから、ダウンロードして読んでいただけます。

豆パン屋アポロさんは、私がまだ福岡に住んでいた頃に初めて訪れた奈良のパン屋さん。おそらく日本で一番、豆パンの品揃えが豊富なお店ではないかと思います。

それから10年以上を経た2020年の12月、私はパン作りを習い始めました。甘くない豆のパン作りに取り組んでいます。パン屋さんになりたいわけではなく、すべては豆好きな人を増やしていきたい一心です。女性ウケは好いと感じています。

 

「世界マメの日」記念座談会について掲載されました

同じ号に、本年2月に開催された座談会の様子が掲載されました。

掲載記事はこちら

全国和菓子協会専務理事の藪光生さんによるモデレートのもと、豆・豆料理探検家で豆料理アドバイザーの五木のどかさん、矢野経済研究所の大篭麻奈さん、株式会社ホームメ イドクッキングの加藤美弥子さんにご参加いただき、豆類について日頃感じ ていること、そして豆類の今後についてご紹介いただく「 世界マメの日 」記念座談会を開催しました‥‥

私の発言も掲載されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 9月
« 8月   10月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー