豆は「しあわせ」のタネである

【京都 嵐山】天龍寺の節分会へ

2月3日、天龍寺へ

京都に住んでいながら、限られた神社とお寺の節分祭しか知らなくて、これから年に1箇所ずつ新たな節分祭のリサーチに行ってみようと決めました。

今年足を運んだのは、右京区の天龍寺。

写経で毎月通っている清凉寺に行くのと同じバスで行けるから、距離感や時間的なことが安心して行けました。平日動けるSさんをお誘いし、二人でGO!

なにぶん、初めての節分会。3回開催される1回目を目指し、ワクワク山門を入っていくと甘酒のお接待が成されていました。

一人では行けないというSさんと、たいていのところに一人でしか行かない私と・・・

仲良く甘酒をいただいて、豆撒き会場を探しました。

 

3年ぶり開催の「大福豆撒き」

お坊さまの挨拶で「3年ぶりの豆撒きです」という言葉が印象に残りました。

嵐山のマスコット(?)、白い着ぐるみの「渡月橋(つきはしわたる)」くんもステージに上がり、賑わしていました。

 

◎豆を撒かれる側、拾う人の必勝法

・前の方は危険。少し退いたところで拾う

・上を見ずに、下だけを見て待つ。落ちてきたら、すかさず拾う

・拾ったら直ぐポケットへ。次を待つ

・素手は危険。手袋があった方が安全。しかし、滑って落とさないように、手袋は片方だけにする

 

というようなレクチャーをSさんに行い、二手に分かれて飛んでくる豆を授与していただきました。

結果、2人で計3個拾えたら良いかなと思ったところに・・・

 

Sさん7個、Nも7個、いただくことが叶いました。

カラフルな紙の袋に節分豆が10gずつくらい入っていました。

ラッキー7ですね〜

初めての天龍寺 節分会。満足・満足〜♪

天龍寺 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

 

護王神社と廬山寺へ

護王神社は今年もコロナ対策で、福豆とお札やみかん・お菓子が入った「福袋」の授与がありました。

Sさんと2人、順番を待っていただきました。

護王神社 京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385

 

そして、「長生きのクスリ」の廬山寺へ。

8つ買っていたけど、人さまに全部お渡ししちゃったから、自分用の「長生き薬」を求めて・・・ 超混雑の中、蓬莱豆だけ購入して寺を後にした次第。

廬山寺(ろざんじ) 京都市上京区北之辺町397

節分豆。ぜ〜んぶ、おいしくいただきます!

写真の右上「鬼打ち豆」については、また後日

福は〜内、福は〜内!

関連記事

コメント

    • ara
    • 2023年 2月 11日

    豆、たくさんとれたワクワク感が伝わりました。
    カラフルな袋がまたなんともうれしくなりますね♪

      • Nodoka
      • 2023年 2月 11日

      araさま カラフルな豆が空から降ってくるけれど、なかなか手にできないもどかしさ・・・
      豆集めは何ともすさまじいものと覚悟してかからねば拾えません。頑張りました

    • ara
    • 2023年 2月 17日

    戦利品ですね!使い方間違ってるかな?
    かたくて、そこそこ重みがあるものがとんでくるんですもんね、顔に当たったら痛いですね。
    再び読み直して、理解が深まりました。

      • Nodoka
      • 2023年 2月 18日

      いや、それはチト違います。顔に当たって痛いから下を見てるのではなく・・・
      降ってきて拾いにかかっても間に合わないから、みんなが上を見ている間、下を向いてて、落ちてきたら直ぐに手を伸ばすことで、1.5秒くらい行動が早くなります。
      すると、つかめるチャンスが増えます。
      豆まきは何とも凄まじいから、豆を集める役より、上から豆撒き人をするのが安全です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2024年 5月
« 4月   6月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー