豆は「しあわせ」のタネである

鶴岡みやげ「だだちゃ豆っぽいの」いろいろ

鶴岡へは庄内空港が便利です

週末から3日間、鶴岡に出張しました。だだちゃ豆の取材です。仕事なので、詳細はその媒体に書きます。

ここには、鶴岡で見つけたものを載せておきます。メモ書きです。

 

元祖 白山だだちゃまんじゅう 6個入り 税込 880円 空港の清川屋さんにて購入

箱を開けると、だだちゃ豆の香りがふわ〜ん😀 甘くて、ふわふわの薯蕷饅頭。お土産菓子としては上々だと思います。しっかり、だだちゃ豆を主張してるし、しかも、だだちゃ豆の中でも美味しいと評判の「白山だだちゃ豆 藤十郎」が使われています。

って「(森屋)藤十郎」が何者か、ご存知ない方が大半かと思います。詳しい説明は、箱の中に入っているしおりをご覧ください。

 

だだちゃ豆おつまみ だだっ子豆 15g入り 税込 385円

フリーズドライ製法で旨味をとじ込めたおつまみ。賞味期限が来年2月までと長いのも、うれしいですね。

 

鶴岡市内「庄内観光物産館」にて

写真左/だだちゃ豆パスタ 100g入り 税込 650円

山形県の玄米粉と山形県産のだだちゃ豆ペースト、でんぷんで作ったショートパスタと書かれています。

写真中央/だだちゃ豆入り むぎきり 200g入り 税込 400円

「むぎきり」は鶴岡の伝統食だそうです。「干しうどん」と書いてあります。茹でて冷たくして食します。「むぎきり」って、もしかすると「冷麦」のこと? 幅3ミリほどの平麺です。

写真右/だだちゃ豆入り 緑のパスタ 180g入り 税込 378円

これは、鶴岡駅の近くの清川屋さんで買いました。

パスタは幅5ミリくらいの平麺です。「むぎきり」とどう違うの? むぎきりと異なる材料は、卵白のみ。配合比率が違うはず‥‥ むぎきりとパスタ、一緒のタイミングで茹でてみよ〜っと。

 

写真左/おきつねはん 18枚入り 税込 920円

これ、小豆を使ったお菓子。詳しくは後日、改めて書き記します。

写真右/きつねめん 8枚入り 税込 734円

「麺」ではなく「面」、包装資材はうり二つの「おきつねはん」と「きつねめん」、違いやいかに?

 

豆は使われていませんが、気になった食品2つ。

写真左/即席 庄内麩 10枚入り 税込 450円

これは気になった! こんな形の麩は初めて。味噌汁、揚げ物、煮物、すき焼き、煮込みうどんなどに使うそうです。

写真右/雪結晶パスタ 100g入り 税込 440円

雪の形が可愛いです。国産のデュラムセモリナ粉と発芽米粉が使われています。

 

旅に出たら、つい豆っぽいものに反応します。知らない食品や、その土地の伝統食もとりあえず試してみたいと買ってきます。

今回の自分みやげは日持ちする食品が多いので、食した時点で追記していこうと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 9月
« 8月   10月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー