豆は「しあわせ」のタネである

「うめとおはぎ」花モチーフのおはぎ

え、これ、おはぎ!?

大和西大寺の駅構内で「御城之口餅」を探していたら、目指す御品は見つからず、気になるお菓子を見つけました。

お花の和菓子。おはぎの上にお花の飾りがのっています。

紅つばき、木香ばら、藤、ヒマワリ、どれもとってもキュートで、消費期限が当日23時にも関わらず、全品購入。一目惚れです。

お店の名前は「うめとおはぎ」、奈良市内のお菓子屋さんのテナントです。

 

お花のおはぎを味わいました

紅つばき 税込 380円

花びらは、いちご餡で甘酸っぱさが個性的な味。白ごはんおはぎとの相性がビミョウ?

木瓜ばら 税込 380円

お花の黄色はマンゴー餡。おはぎは白餡? ゆるやかに甘いおだやかなおはぎでした。

 税込 320円

お花の淡い色は紫芋で描かれ、小豆のおはぎに映えています。4つのうち、唯一あずき。小豆のあんこは、おいしいなぁ・・・

ひまわり 税込 380円

花びらは、かぼちゃの餡。おだやかな甘さ。アーモンド餡に包まれたおはぎ。中に入る黒米のプチプチが良いアクセント。

 

うめとおはぎ さんは「からだやさしく こころやさしく ひとにやさしく」がスローガン。

・無添加のおはぎ

・てんさい糖使用

・手作り

で作られたおはぎ。やさしいあまさを売りにしておられます。

「桃一輪さくら」「野の山桜」など季節商品もあるようで、機会をみてまたのぞいてみたいなと思いました。

うめとおはぎさん、期待しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 9月
« 8月   10月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー