豆は「しあわせ」のタネである

好きです、ようかんパン

北海道民のソウルフード?

ようかんパン、食べたことありますか? 北海道名物、女満別空港のチェックイン後の売店で見つけました。

ひとつ、税込 230円。

パンの上にうっすら羊羹がのって、中に白餡と金時豆の甘煮が入っています。

売店のお姉さんに「美味しいですか?」と訊くと、「人それぞれですね。私は甘いのが得意ではないから・・・」と。

札幌の友人からのLINEの返事は「鼻血ブー的な甘さを感じる(≧∀≦)ノ」と。

 

ようかんパン、実食〜✨

何なん、それ?? と思いながら、飛行機の中で食べるはずが、切り口がなく、どうしても開封できず、京都まで持ち帰って食しました。

うっすら羊かん。道民がおっしゃるほどまでの甘さには感じませんでした。

中のあんこは、ちょっと甘かったです。金時豆の数粒が、嬉しいおいしさ。

全体的に歴史を感じるレトロなパンに思いました。

売店のお姉さんによると、いくつかの会社から出ているそうで、味や作りも異なるそうな・・・

地元の人は敬遠しがちな「ようかんパン」、観光客は好きですよ。

 

道外にも、ようかんパンはあるんですね

ようかんパン、かつてどこかで食べたことがあるような・・・ と思って調べてみると、数年前の「時をかける あん」で催事販売されていた静岡県の「白いようかんぱん」(リンク先をスクロール)を食べていました。

きっと、北海道が発祥のような気がします。

寒い地域で、甘いものが欲しかったのでしょうね。

暖房が効いた現代、道民はそれほどの甘さを欲しておられないことが、ようかんパンを通じて分かりました。

ふふふ。ようかんパン、北海道を旅するときは、気にして見つけてください。そして、一生に一度は食べておくほうが、人生が豊かになると思いますよ〜 😊

関連記事

コメント

    • 髙橋美恵子
    • 2023年 1月 14日

    長万部空港行ったことないです。千歳空港しか。ようかんパン面白い。それぞれ工夫しパンも進化していきますね。

      • Nodoka
      • 2023年 1月 14日

      千歳空港、女満別空港、帯広空港に降りたことあります。
      北海道は広いから、道内でも飛行機移動するみたいです。

      ようかんパン、郷土おやつなのでしょうね

    • 髙橋美恵子
    • 2023年 1月 14日

    女満別の間違い。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2023年 2月
« 1月   3月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー