豆は「しあわせ」のタネである

2月15日も「赤飯の日」

赤飯の日

毎月1日と15日は「赤飯の日」。あなたも誰かとどこかで、お赤飯を口にしませんか。

と言い始めて、どれくらいたつのでしょう。5年以上、8年未満?

今日は事務所に来て、仕事の傍ら午前中のうちに赤飯を作りました。

まずは、いつも見守ってくださっている神棚さまにお供えです。

そして、赤飯おにぎりに。いつもだったら90gの赤飯おにぎりを、今日は100gに丸くしました。

 

梅田へ

仕事で梅田に行く予定があり、今日は知り合いのラーメン屋さんのまかないに間に合うよう、赤飯おにぎりをお届けしました。

「今日、赤飯の日だから食べてください」

「へぇ〜、そうなんですか」

「そうなんです。毎月1日と15日は赤飯の日なんですよ」

「知らなかったです」

「はい。私たち赤飯運動実行委員会で言い始めて、もう、何年かたちます。口で言っても広まらないから、覚えてもらえるように、1日と15日に会う人に、お赤飯を食べてもらってお伝えしてるんです」

「赤飯、おいしいです」

「ありがとうございます。1日と15日、お榊を新しくする日と覚えてくださいね(^^)」

みんな、いい人たちです。赤飯ショットにもご協力くださいました。

(以前は透明のラップで包んでいたけど、後々まで食感が良いと聞いて最近はアルミホイルで包んでいます。だけど、なんか色気がないなぁ‥‥)

 

仕事のあとに、私もこの店の新作、季節の限定ラーメンを食べてきました。(^^)

博多純系豚骨ラーメン まんかい 味噌豚骨担々麺 860円

2月より、実家製麺から自家製面に切り替わったとのこと。冷えきった身体に味噌豚骨が沁み入りました。どんな味噌(豆の仲間)を使われているのか、聞けばよかった‥‥

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー