豆は「しあわせ」のタネである

ハッピーは、おいしいの隣にある

カフェとおつかいチョコ

丸太町方面に用事があり、前から気になっていたカフェに入ってみると‥‥

写真は「あんクロさん」の抹茶と柚子と黒豆。タイミングが合わず、日をあらためてまた足を運ぶことにします。

 

こちらは、頼まれもののチョコ。

もう、チョコレート騒動は始まっているようです。2月がくるたびに「しのぎを削る」という言葉を思います。切磋琢磨されることで、業界全体が成長、成熟していきます。

 

豆の業界も、いつかチョコレートのように百花繚乱、花ざかりがやって来るでしょうか。

人任せにせず、自分にできることを日々淡々と続けていきます。

今日も、白花豆を水浸けしています。

日曜日にベストの「おいしい」状態に仕上げるには、寒すぎる今の時期、

木曜夜に水浸けして金曜夜に水煮にして、土曜日に調理、日曜朝に仕上げて昼を待つ。

これくらい前倒しに仕掛かると、急なハプニングでも大丈夫。

新豆のほうが煮る失敗が少ないけど、豆の顔色をみて破けないように煮上げるのも、寒い季節の過ごし方。

 

明日は大寒です。

風邪をひかないように、気をつけてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー