豆は「しあわせ」のタネである

虎豆ぶた汁と小豆の中華粥

あぁ、勘違い‥‥

5月某日、帰郷。母と台所に立ち、二人それぞれ思い思いの料理を作りました。私は母に食べてもらいたくて、あずきの中華粥と、虎豆を使った豚汁を作ろうと思い立ちました。

豆はそれぞれ別茹でにして、あずき(能登大納言)は炊飯器でお粥に。こちらは豆が少し煮崩れるくらいやわらかくて、問題なくOK。しかし、虎豆のぶた汁は‥‥

豆の皮がかたくて食べられないと言うのです。まず、豆が固茹でだったのがNGでした。豆の皮は、歯が不自由で食べられないと‥‥

 

母の作る料理は、柔らかすぎるフキ、煮崩れた厚揚げが入る味噌汁、どろどろの肉じゃが‥‥ 私には苦手な食感でした。

互いに、相手のことを思いながら、しかし、自分のイメージにある「おいしい」を作っていたのです。今回明白になった二人の「おいしい」基準の違いは「歯」です。私は野菜も豆も、おおかた食感が残るレアな食べ物が好みで、母は小さく切って柔らかく煮たものが歯に都合良いのです。

 

老人食と介護食

年齢差を考えると、そうなのです。しかし、「おいしい」の基準が独りよがりでした。あぁ‥‥ お母さんは入れ歯なのだから、入れ歯ではない私には想像できない食べにくさがあるのです。

 

なんだかショックでした。人様に食べていただく料理をつくるとき、「自分のおいしいと、自分以外の人のおいしいは別モノ」と意識して、相手のことをもっと深く考えないと。

「虎豆は自分にとって特別な豆だから、お母さんにも食べてもらいたい」は自分の好みを押し付けることでしかなく、

「お母さんは柔らかいのが食べやすいから、小豆のお粥がいいかもね。せっかくだから、よしこさんが送ってくださった能登大言を使おう」はOK。

あぁ、気をつけよう‥‥

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 6月
« 5月   7月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー