豆は「しあわせ」のタネである

恵比寿「ひいらぎ」のたいやきを味わう

本日、毎日新聞「とうふ屋のある町は いい町だ」の掲載日ですが、出張につき購入〜掲載は後日に‥‥

 

出張の合間に

東京五大たい焼きのひとつ、「たいやき ひいらぎ」へ。こちらのたい焼きは、「養殖」ものの中でも極めて「天然」に近いたい焼きなのだと旧知のあんこ好きさんに教わりました。

並ぶことを覚悟して行きましたが、さすがに30分並ぶとは‥‥。

並んでいる間に、たい焼き情報を収集。平日昼間、こちらのお店には近所のおばちゃん風の客に加え、仕事中のおじちゃん、近所の外国人たちも買いに来ておられました。

店頭に「一匹三十分、時間をかけて焼き上げるこだわりのたい焼きでございます」の木札あり。どう焼いてるんやろ? とガラス越しに覗き見ると‥‥ お姉さんと目が合いました。

店の壁沿いにグルリと囲むたい焼き鉄板、お姉さんたちがセッセとお世話しておられます。たい焼きとか、御座候とか、おっちゃんが焼いてるイメージが強い私にすると、全店員さんが女性というのは意外でした。

待ってる間に、香ばしく甘いたい焼き生地とあんこの香り。食べる前から、おいしい予感が高まります。

 

近くの公園で食べました

「たいやき ひいらぎ」さんのすぐ近くに、公園あり。焼きたてのパリッとしたところを食べるとしたら、ソコが良さそうです。尾っぽの先までたっぷりつまったアンコの温かさが、秋空に似合います。

薄い生地がカリッと焼けてるのは、弱火でじっくり30分かけて両面を焼くからだそう。ハサミでチョンチョン、はみ出し生地も切り落として販売されています。

たい焼き、東京はレベルが高いですね。粒あんのみで勝負するところも潔くて好き。あんこは控えめな甘さで、「わかば」ほど塩を効かせていないのも今どきの甘さかもしれません。

せっかく並んだから、持ち帰りも‥‥

これで浪花屋総本店、わかば、ひいらぎ、の3軒制覇。あと2軒も、出張のタイミングをみて行ってみよう‥‥ 人形町の柳屋と、もう1軒なんだっけ?? Mさんに、また教わろう(^^)

関連記事

コメント

    • 髙橋美恵子
    • 2018年 11月 19日

    ひいらぎたいやき  初めて知りました。
    こだわりの天然のたいやきですか。
    ほんと美味しそう

      • Nodoka
      • 2018年 11月 19日

      高橋さん、こんばんは。

      たいやき ひいらぎ、私も今回はじめて知りました。
      天然ではなく、養殖のたいやきでありながら、極めて天然に近いたいやき、だそうです。
      「天然」は、鋳型で1匹ずつ焼くたい焼き、
      「養殖」は鉄板で一度に6匹とか10匹とか焼ける作り方の違いを言うそうです。
      いったい誰が言い出したのでしょうね(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 12月
« 11月   1月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー