豆は「しあわせ」のタネである

大豆入り鶏だいこん

大豆と鶏肉〜たんぱく質が良いらしい

関東では大雪が降ってるそうですね。寒い。寒すぎる。こんな日は温かいの、どうぞ。

本当だったらこの季節、大根や白菜、蕪などの色白野菜がお求めやすい価格のはずなのに、例年より高そうに感じるのは私だけ? 関西、京都だけ?

大根と鶏肉、大豆を一緒に煮込んで、ほくほくお味の沁みたおいしいの、どうぞ。

そう言えば、トライアルの練習場でご一緒したレーサーさんも、「たんぱく質を摂らなくては‥‥」と蒸した鶏肉の塊を、ワイルドに食べておられました。身体をつくる元になるたんぱく質は、筋肉を付けるのにも必須だそうです。

 

鶏だいこんの作り方

ポイントは大豆を茹でた煮汁を使うこと。精進料理で使う出汁は、大豆や昆布からひいています。

[材 料]

・茹でた大豆  1カップ(蒸し豆でも可)

・豆の煮汁  1カップ(足りない時は水を加える。蒸し豆を使うときは水)

・大根  1/2本

・鶏モモ肉  150g

・塩  適量

 

[作り方]

1.大豆は水に戻して、茹でておく。大根は2〜3センチ厚さの輪切りにして面取りをし、上下に浅く十文字の切り込みを入れておく。

2.鶏肉は食べやすい大きさに切って、鍋に皮目を下にして並べ、極弱火で鶏油が出るように焼く。

3.鶏油が出て、鶏肉に火が通ってきたら反対側も焼いて、茹でた大豆と煮汁を加え、大根も加えて中火で15分ほど茹でる。(蒸し豆や茹で豆のパックを使うときは、火が通り過ぎないように残り5分くらいのタイミングで大豆を加える)

4.塩少々で味を整えたら出来上り

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 10月
« 9月   11月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー