豆は「しあわせ」のタネである

台湾製造の「Peas」

またもや、パッケージ買い

ジュピター 北大路ビブレ店で見つけました。


Fried Green Peas ガーリック味 147円(内税)

袋が日本製ではない気配を漂わせています。メキシコとか、インドとか、勝手にそんなイメージを描きました。「あちらさんではグリーンピースをどんなふうに食べるんだろう?」と興味を抱きつつ購入!

袋の裏もチャーミング。見返り美人な袋です。この中に、豆がザクザク入っているかと思いきや・・・

小袋に個包装されています。豆は↓こんな感じです。

 

TRIKO 盛香珍のガーリック・グリーンピースを食べてみました

豆粒は、やや小ぶり? カリカリさくさく見事な黄緑色は、着色料(青1、黄4)が使われています。味は、はい。罪なガーリック味の、そそられるおいしさ。

日本の個包装のお菓子とは比べものにならないくらい、どっさり入っています。

私が惹かれたのは、台湾的「豆」紹介。ちょっと読みにくいから、Googleフォトのスキャン機能で文字を抜いてみましょう。

盛香珍 ← これ会社名?
伴茶伴酒伴好友·談天敘舊吃豌豆 ← 左は「お茶やお酒のお伴に好ましいよ」、右は? 「談天敘舊吃」はGoogle翻訳によると「おしゃべり」、「おしゃべりなエンドウ」? おそらく、想像するに「このエンドウがあると、お茶やお酒のお伴にぴったりで、みんな楽しく饒舌になるよ」みたいなことが書いてある??
蒜香青豆 ← ニンニクいんげん

台湾製造 MADE IN TAIWAN

 

ブラボー! ですよ。日本語と「八女弁」と「京ことば」しか分からない私が、解読できました〜!

開封後儘早食用」と書かれています。「開けたら、さっさと食べてしまいなさいね」と台湾の人はおっしゃりたいのだと思います。

もう、半分くらい食べました。これ、豆ポタージュの浮き実にすると良さそうです😀

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 9月
« 8月   10月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー