豆は「しあわせ」のタネである

黒豆パンを作りたい

2022.11.02

2件

黒豆のパンいろいろを味わって

甘くない豆のパンを作るとレッスンに通い始めて、そろそろ2年になります。その間、様々なお店の豆パンを食べてきました。

そうして、甘いパンが存在する理由、甘くない豆のパンが存在しにくい理由が理解できました。

黒豆のパンも、これまでにいろんなものを食べてきました。そして、自分でも作ってみたくなりました。

まずは、これまで味わった中で、記憶に残る黒豆パンをピックアップしてみました。

 

黒豆パンをピックアップ

◎2022年10月 大阪府摂津市 京都 堂鶯梅

酒かす黒豆ぱん。ほんのり香る酒かす風味。ソフトな黒豆がやわらかい生地のパンに合いますね。

 

◎2022年10月 兵庫県丹波篠山市 パンのプー

豆食パンは黒豆煮汁で仕込んだ生地に、黒豆を混ぜて焼いてるのかな?

 

◎2021年12月 奈良県大和郡山市 豆パン屋 アポロ

玄米と黒豆のパン。リベイクして風味アップで、よりおいしい。

 

◎2021年1月 京都市 ばく食堂

甘い豆がびっしり入った渦巻き型のおやつパン

 

◎2017年9月 兵庫県丹波篠山市 西紀サービスエリア 下り線

黒豆がぎっしり入った名物パン。ソフトなパンにほんのり甘くムチッとした食感の黒豆。

 

 

私が作りたいのは、黒豆食パンです。考えるのは、

・パン生地に対する黒豆比率

・黒豆のかたさと味わい

・パンの食感

・黒豆だけにするのか、何か合わせるのか

とりあえず、ファーストアクション!

関連記事

コメント

    • 髙橋美恵子
    • 2022年 11月 05日

    わぁ盛りだくさんの黒豆パン。偶然にも黒豆パン作りたいと思ってたところにこの記事。参考になります。ありがとう。

      • Nodoka
      • 2022年 11月 05日

      髙橋さま 黒豆パンは、先生に習って二種類の黒豆食パンを作りました。
      近いうちにそれも載せますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 11月
« 10月   12月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー