豆は「しあわせ」のタネである

豆のスープを作ろう

クノールさん、ありがとう!

「ポタージュで食べる  豆と野菜」なる商品を少し前に何かで見て、直ぐにネット検索するも箱買いしか見つからず、近所の量販店やなんや見るけど売ってなくて、一般に出回るにはもうしばらくかかるのかなと思っていました。

赤と黄色と緑のカラー展開で3タイプ一緒に発売したクノールさん、さすが! と思いました。スープの王様みたいな会社ですから、エエよ、エエよ。豆に目をつけたとこが、とってもエエよ。

いくらするのでしょう?

昨夜見つけたのは、1袋ずつ3種類のセット・送料・税込 1,200円でした。早く〜こ〜い、こ〜い、豆と野菜ポタ〜♪

 

最近自作した豆スープ

訓子府の豆兄貴(石川修さん)が送ってくださった豆や、仕事で作った豆料理の残りの豆や、新豆お試し買いで入手した豆、その他もろもろのストック豆が、ここにはいろいろ存在します。

豆を使う料理、豆が入るだけで愛らしさが20%くらい増す感じ。フツーの女の子が七五三の恰好して写真を撮ったみたいな、うれしい表情の料理になる気がするのです。私だけの思い込みかなぁ・・・?

 

▼ とら豆入りの豚汁 酒粕と白みそ仕立て

材料:昆布(だし)・玉ネギ・ニンジン・豚肉・とら豆・酒粕・白みそ・小ネギ

▼ レンズ豆入り トマト味のコンソメスープ

材料:玉ネギ・ニンジン・じゃがいも・万願寺唐辛子・茶レンズ豆・コンソメ・トマト水煮・イタリアンパセリ・黒コショウ

▼ とら豆入り 白みそ仕立てのけんちん汁

材料:昆布(だし)・ゴボウ・ニンジン・里芋・とら豆・白みそ・菜の花

うん。どれも、うまい。

自分で作るから、自分がいちばん好きな味に調整できます。

きっと、クノールがやって来たら、それを食べてまた別味を作りたくなるのでアリます。

寒いから、豆のスープで温まろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 11月
« 10月   12月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー