豆は「しあわせ」のタネである

【奈良】豆パン屋アポロの豆パン

1月、大和郡山を再訪

昨年師走に訪問した豆パン屋アポロさんを再訪。この前、きちんと残せなかったパンの記録の続きを載せます。

アポロの「おっちゃん」と呼ばれるご主人にお話をお聞きすることもできました。

★アポロの甘くない豆のパン

▲ ひよこ豆入りのカレーパン(160円+税) ピリ辛カレーの中にヒヨコ豆が入り、チーズがトッピングされています。

▲ 枝豆とローズマリーのパン(160円+税) もっちりとした生地に枝豆が入り、香ばしく焼き上げられています。

▲ 玄米と黒豆のパン(120円+税) この前より黒豆が多く入っていました。玄米パン、リベイクするとより美味しくいただけました。

 

★ほんのり甘いパン

▲ オレンジと白手亡豆(130円+税) 豆の自然な甘みとオレンジピールの甘さが丸パンを美味しくしています。

 

★アポロの甘いパン

▲ あんバター(200円?+税)ミニサイズのフランスパン生地に自家製あんことバターがサンドされています。好きなパンです。

▲ きなことクルミのパン(180円?+税) トッピングにグラニュー糖ときな粉が散りばめられています。

▲ フルーツサンド(420円か430円+税) フルーツはいちご・キウイ・バナナ。加えて「豆パン屋さんだから、フルーツサンドにも豆が入ってる!」と、うれしくなりました。食べているうちに気づいたのですが、このパンのベースは「ほうじ茶あずき食パン」ですよね?

 

写真を撮り損ねましたが、他にバインミー(420円か430円+税)も購入しました。アジアンテイストの野菜たっぷり。豆パン以外も、楽しいパンをいろいろと販売されています。

豆パンの全体に占める割合は「3割くらいですかねぇ?」と、ご主人はおっしゃっておられました。

豆パン屋アポロ、大和郡山の好きなお店です。

〒639-1133 奈良県大和郡山市高田口町40-4 TEL 0743-52-8106

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 9月
« 8月   10月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー